大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

肋骨

【労災発生状況】

平成29年2月20日午後4時頃、新築工事現場にて大工工事を行っていたところ、2階に梁をはめる為に両手に一本ずつ小梁(木製、9×9×90cm、重さ約5kg)を持って大きい梁(木製、幅約105cm)の上を移動した際に、雨が降っていたため濡れていた梁で足を滑らせ前方に転倒し、前にあった他の梁の角に肋骨を強打し負傷した。その後は痛みをこらえて仕事をし、平成29年2月23日に病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから156日目に大阪府で発生した労災)