愛知県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

看板工事、テント取付工事

【負傷部位】

頭、左腕、左肩、右大腿部

【労災発生状況】

平成29年2月26日午前10時頃、工事現場にて、脚立(高さ約2M)を上から2段目の位置でまたいだ状態でテントの張替え作業を行っていたところ、仮設置したテント生地を左手で広げようと引っ張った際に、生地が途中で引っかかったため手がすべり、そのまま勢いあまってバランスを崩し左側に脚立ごと転倒、頭や左手、左肩をアスファルトの地面に強打し負傷した。また、その際に大腿部も脚立に挟み負傷した。その後は仕事を切り上げ病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから317日目に愛知県で発生した労災)