神奈川県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

内装仕上工事

【負傷部位】

腰から左下半身(左臀部、左太もも、左すね、左足首、左つま先)

【労災発生状況】

平成29年9月13日午後4時40分頃、アパートにて、新築クロス工事の際、2台の脚立の高さ約60㎝の位置に足場板を置きその上に乗って中腰や直立の姿勢で天井の壁紙を貼る作業中、床の上に置いた材料を取るため足場の昇り降りを約400~500回行ったところ、腰から左下半身(左臀部、左太もも、左すね、左足首、左つま先)に痛み及びしびれを感じた。同作業を長年続けていたことによる症状だと思い市販の痛み止め薬を飲んで仕事を続けていたが、痛み及びしびれが増したため平成29年9月22日整形外科クリニックで受診した。その日の夜動けなくなるほど痛みが増したため自宅から病院に救急搬送され入院した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから105日目に神奈川県で発生した労災)