福岡県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

左手中指 右手中指 右ひじ

【労災発生状況】

平成29年11月16日午後5時20分頃、新築工事にて、外部面材貼り付け作業として釘打ちを行っていたところ、足場(高さ約60cm、鉄製)上で次の釘打ち場所に移動しようと振り向き足を踏み出した際に、いつも使っている足場の半分の広さ(面積約250×1800mm)であることを失念してしまい、そのまま右足を踏み外して転落、右手を手すりとして備え付けていた鋼管(足場板からの高さ約60cm)にぶつけ右手中指と右ひじを負傷、また左手を足場板にぶつけ左手中指を負傷した。その後は仕事を切り上げ様子を見ていたが、痛みが引かないため翌日病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから1960日目に福岡県で発生した労災)