千葉県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

土木、左官、電気、配管、空調設備、機械器具設置工事

【負傷部位】

左足親指

【労災発生状況】

平成28年8月7日、養護学校の冷暖房設備工事にて、冷暖房屋内機取付用アングル架台(1.5m×1.2m×4㎜ 重さ約90㎏)を2階天井に取付けるため高さ約2.8mの足場上でナットでの固定作業をしていた。午後5時30分頃、アングル架台を吊るチェーンブロックの吊り下げ用にスラブに打ち込まれていたアンカーボルトが抜け、左足にアングル架台が落下した。その際、左足親指を骨折して負傷した。事故当日は仕事を切り上げて救急車で病院に搬送されて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから38日目に千葉県で発生した労災)

東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

解体工事

【負傷部位】

左足小指

【労災発生状況】

平成28年8月6日午後6時頃、資材置場にて、複数の解体工事現場で使用した資材やゴミを片付けていたところ、ビスが入ったゴミ袋を左足で踏んでしまったため、左足小指側面をビス(長さ35㎜)に削られるような状態となり負傷した。日毎に痛みが増し発熱したため平成28年8月8日病院で受診した。薬を服用していたが患部が膿んで40度の高熱が出たため平成28年8月24日大学付属病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから158日目に東京都で発生した労災)

山口県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

鉄筋工事

【負傷部位】

右脇の下及び左下腿

【労災発生状況】

平成28年8月6日午後4時頃、病院の増築工事において、地下1階から1階の鉄筋の梁配筋作業中、梁底(高さ3m)から支保工足場(高さ約3.1m)に移動しようとした際に支保工足場の桁に足をかけたところ桁がぐらついたためバランスを崩して約30㎝の隙間に落下し、足場の水平部材(高さ1.5m)につかまって途中で止まった状態となり右脇の下及び左下腿を負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから449日目に山口県で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

内装仕上工事

【負傷部位】

右足親指骨折

【労災発生状況】

平成28年8月5日、工場建屋の内装工事に従事していた。午前10時30分頃、肩に担いだクロス材料(約15kg)を作業場所におろそうととしたところ、誤って右足の安全靴の爪先カバーの手前におろしてしまった。その際、右足親指を骨折して負傷した。事故当日は痛みを我慢して最後まで仕事をし、帰宅後に病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから1841日目に大阪府で発生した労災)

和歌山県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

額、背中、左足

【労災発生状況】

平成28年8月5日午後3時40分頃、競輪場の新築工事にて、券売所の木材建て方作業中、高さ1.5mの足場鉄板に乗り柱と柱の間に木材を接合していた際、倒れてきた木材(15cm×25cm×1.8m)をつかもうとしたところ木材と共に落下し、木材に取付けられていた金物に額を強打して負傷、コンクリート床に背中、左足を強打して負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから463日目に和歌山県で発生した労災)

愛知県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

頭部、首、左ひじ、左下奥歯

【労災発生状況】

平成28年8月5日午前8時ころから一般住宅新築工事に従事していた。午前9時30分頃、ベランダの造作工事中に足を掛けた梁が固定されておらず、バランスを崩して2m程下の足場に転落し、頭部と左ひじを強打した。その際、左側頭部を切り、首と左ひじも負傷した。また左下の奥歯も欠けてしまった。事故当日は仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから856日目に愛知県で発生した労災)

京都府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

建築工事、機械器具設置工事、揚重工事

【負傷部位】

腰と肩

【労災発生状況】

平成28年8月4日、一戸建て現場のリフォーム工事にあたり、午前6時30分頃自宅を出たところ自宅アパートの3階から2階に降りる途中の階段(1段の高さ約30㎝)で足を踏みはずしコンクリートの階段に腰と肩を強打して負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから52日目に京都府で発生した労災)

滋賀県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

保温工事

【負傷部位】

右足中足骨

【労災発生状況】

平成28年8月4日、農業協同組合の保温工事におけるラッキング作業にあたり、午前7時10分頃オートバイで自宅を出て事業所に向かっていたところ、午前7時30分頃国道の交差点にて赤信号から青信号に変わり発進した時、右側から来た自動車と衝突したため右足中足骨を負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから421日目に滋賀県で発生した労災)

京都府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

鳶工事

【負傷部位】

左手薬指骨折

【労災発生状況】

平成28年8月3日、午前8時30分頃から新築工事に従事していた。、午後4時頃、足場の組立作業中に足場部材の間に左手薬指を挟み、骨折して負傷した。事故当日は痛みを我慢して最後まで仕事をして病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから581日目に京都府で発生した労災)

兵庫県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

とび工事

【負傷部位】

両手、左肩

【労災発生状況】

平成28年8月1日、太陽光パネル設定工事に従事していた。午後5時頃、鉄パイプ製架台の上に太陽光パネル(およそ2m×1m、約25kg)を乗せようとしたところ、パネルが架台から落下しそうになった。咄嗟に後ろ手に両手でパネルを支えようとしたところ、荷重が掛かった左肩に激痛を感じて負傷した。またその際に両手をパネルと架台パイプの間に挟みこんでしまい負傷した。パネルを持ち上げる為、右手を離して体を反転た際に左手にさらに荷重が掛かり、親指と中指をさらに痛めてしまった。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから238日目に兵庫県で発生した労災)