長崎県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

配管工事

【負傷部位】

左手親指

【労災発生状況】

平成28年11月25日、エコ給湯器据付工事に従事していた。午後3時30分頃、電気温水器から浴槽につながる追い炊き管(ペアチューブ)を2本に切断しようとしたところ、カッターナイフが滑り、ペアチューブを押さえていた左手親指を切って負傷した。事故当日は仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから108日目に長崎県で発生した労災)

福岡県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

土木工事

【負傷部位】

右手

【労災発生状況】

平成28年11月22日、共同住宅新築工事の置床工事に従事していた。午前9時30分頃、現場で出たゴミをバルコニーでまとめていたところ、高さ10cm程度の床の出っ張りにつまづいて転倒した。咄嗟に右手で体を支えようとしたが指先をコンクリートの床で強打して負傷した。その後、しばらく様子をみていたが痛みが引かない為、11月24日に病院で受診したところ、右手人差し指骨折および中指の打撲と診断された。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから217日目に福岡県で発生した労災)

神奈川県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

レンガ・タイル・ブロック工事

【負傷部位】

【労災発生状況】

平成28年11月22日午前11時30分頃、マンション新築工事における2階のタイル貼り作業中、タイルケース(300㎜×300㎜×200㎜、重さ20㎏)2箱を右肩に担ぎ1階から2階まで階段を上って運んだ後 両手に持ち替え床に置いた際に、通常のタイルケースの高さより高かったため腰を落とさない体勢で行なったところ腰に負荷がかかり負傷した。当日は痛みをこらえて仕事をしたが、翌日平成28年11月23日痛みが増したため病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから236日目に神奈川県で発生した労災)

群馬県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

建築、とび、内装仕上、建具、空調設備、機械器具設置、解体工事

【負傷部位】

左手親指

【労災発生状況】

平成28年11月17日、造園工事に従事していた。ブロック塀と芝生を設置する為、庭を整地する工程において、施工の邪魔になる既存樹木を掘り起こす必要があった。午前11時頃、当該樹木の根を包丁で切断しようとしたところ、誤って左手親指を切ってしまい負傷した。事故当日は最後まで仕事をして整形外科医院で受診し、紹介状を貰って同11月17日に病院に転院した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから99日目に群馬県で発生した労災)

京都府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

揚重工事、クレーンオペレーター

【負傷部位】

右足の脛

【労災発生状況】

平成28年11月16日午前11時頃、工場にて、揚重工事の際、シャッターの搬入作業中、トラックの上でシャッターケースをクレーンで吊り上げるためのスリングを通そうとしてトラック運転手と二人でシャッターケースの両側を持ち上げたところ、運転手が片端を持ち上げ過ぎたことによりシャッターケース(300㎝×70㎝×70㎝ 重さ約60㎏)が落下しシャッターケースの角が勢いよく右足に接触して右足の脛が削ぎ落とされるようになり負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから47日目に京都府で発生した労災)

神奈川県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

内装仕上工事

【負傷部位】

右手首

【労災発生状況】

平成28年11月15日、午前8時30分より住宅改修工事に従事していた。午後4時30分頃、玄関口から木材を搬入する際に足元の盛り土に足をとられ転倒し、その際木材と地面に右手を挟まれ負傷した。その後様子を見ていたがよくならないので11月17日に病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから533日目に神奈川県で発生した労災)

東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

ボード工事

【負傷部位】

 両足

【労災発生状況】

平成28年11月14日午前4時頃、資材置場にて、当日行く予定だった店舗の内装工事で使用する脚立を準備中、9尺脚立の上から1段目(高さ約2m)に乗り高さを確認していたところ、バランスを崩したため飛び降りるように落下し両足かかとをコンクリート床に強打して負傷した。当日は仕事を中断し病院で受診して、当日中に転医し入院した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから237日目に東京都で発生した労災)

奈良県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

左手人差し指

【労災発生状況】

平成28年11月14日午後4時40分頃、戸建住宅にて新築工事の建方作業中、1階床の土台にベニヤ板を取付けていたところ、右手に釘打ち機を持ち左手で押さえたベニヤ板を打とうとした時、左手人差し指に釘(長さ5㎝、直径5㎜)を打ってしまい負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから623日目に奈良県で発生した労災)

愛知県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

土木工事

【負傷部位】

頭・首・胸・肩・右足首・左膝じん帯・腰の損傷

【労災発生状況】

平成28年11月10日午前6時20分頃、ダム資材搬入整備工事のため、自宅から集合場所に車で向かった。午前6時30分頃その途中の路上を走行中、左側道から急に飛び出してきた車が自車の後方部に接触し、走行不能になり前方鉄柱に激突、全身を強く打ちすぐに病院に運ばれた。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから346日目に愛知県で発生した労災)

神奈川県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

【労災発生状況】

平成28年11月10日、新築アパート工事に従事していた。午後4時頃、外壁工事で使用する珪カル板(約20kg)を運ぶ為、立て掛けられていた珪カル板を横倒ししようとして手でささえたところ、腰に付加がかかり、激痛を感じて負傷した。被災後しばらく様子を見ていたが快方に向かわない為、11月8日の負傷分と併せて11月14日に病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから802日目に神奈川県で発生した労災)