神奈川県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

土木工事、建築工事、大工工事、左官工事、防水工事、とび工事、タイルレンガブロック工事、基礎工事、リフォーム工事、その他工事応援にて行います

【負傷部位】

右手小指

【労災発生状況】

平成28年12月15日、午前8時より住宅新築工事に従事していた。午前8時30分頃、敷地内で空の1輪車を移動させていたところ木材につまづき前のめりに転倒し、その際地面に置いていたガラ袋に右手をつき負傷した。その後仕事を切り上げて病院で受診したところ右手小指の骨折と診断された。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから407日目に神奈川県で発生した労災)

神奈川県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

内装壁紙工事

【負傷部位】

左手の中指

【労災発生状況】

平成28年12月14日午後2時32分頃、住宅新築工事にて、内装工事の床貼り作業中、床見切り材をはめるため左手で床見切り材を押さえ右手にハンマー(柄の長さ約30㎝、頭部 直径約3㎝、幅約10㎝)を持ってたたいていたところ、誤って左手の中指をたたいてしまい負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから132日目に神奈川県で発生した労災)

神奈川県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

機械器具設置工事

【負傷部位】

左足中指、薬指、小指の骨折

【労災発生状況】

平成28年12月13日、午前8時より工場で配管等修理工事の前作業に従事していた。午前9時30分頃、壁に立て掛けていた300Aのバルブ(150kg位)の塗装作業をしていたが、バルブを移動する際、ハンドルを持った手が滑り、バルブが横倒しになりハンドル部分が左足の上に直撃し負傷した。その後仕事を切り上げて病院で受診したところ左足中指、薬指、小指の骨折と診断された。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから833日目に神奈川県で発生した労災)

東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

土木工事

【負傷部位】

右手人差し指

【労災発生状況】

平成28年12月13日午前8時30分頃、駐車場にて、ダンプカーの荷台から平成28年12月12日軌道工事の際使用したユンボを降ろした後、ダンプカーのあおり(荷台の後ろの扉)のヒンジ(蝶番)が曲がったため、両手で大ハンマー(柄の長さ約1m、頭径役8㎝)を持って直そうとしたところ、バランスを崩して前に転倒しそうになり、大ハンマーとあおりの間に右手人差し指を挟んで負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから207日目に東京都で発生した労災)

熊本県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

鉄筋工事

【負傷部位】

右腕、でん部

【労災発生状況】

平成28年12月12日午後3時頃、博物館改修鉄筋工事の際、1階土間の配筋を終えて片付け作業中、ブルーシートをたたみながら歩いていたところ、ブルーシートで足元が見えず床の開口部(約1m×約2m)の上に置かれていた養生パネル(厚さ約2㎜)に乗ってしまい養生パネルが割れたため約3.5m下に落下、落下する時に開口部の縁に右腕をぶつけて負傷し、コンクリートの床にでん部を強打し負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから600日目に熊本県で発生した労災)

静岡県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

鳶工事、解体工事

【負傷部位】

左足の中指、薬指、右足の甲

【労災発生状況】

平成28年12月11日午前11時55分頃、倉庫にて、片付け及び清掃作業中、倉庫の屋根(高さ約2m)に上り枯葉を集めていたところ、バランスを崩したため体勢を立て直そうと軽くジャンプしたものの飛び降りるように落下し勢いよく土の地面につま先から着地して左足の中指、薬指、右足の甲を負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから191日目に静岡県で発生した労災)

沖縄県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

右手首

【労災発生状況】

平成28年12月10日、マンションにて、新築内装工事の床張り作業において、午前8時から午後4時30分の間に休憩をとりながら約6時間、右手に持った電動工具(エアーコンプレッサーでホースを繋げたタッカー、重さ約0.5㎏)でベニヤ板(910㎜×1800㎜×5.5㎜)約25枚を1秒間約5発の頻度で床に打ち付けていたところ、電動工具を時々左手に持ち替えながら作業していたが、右手首が痛くなり右手をにぎるとしびれるようになった。市販の痛み止め薬を服用し痛みをこらえて休業せず仕事を続けていたが、平成29年1月10日午前11時頃、同じ現場にて内装手直し作業の際、室内から外に出ようと玄関のドアを開けた際、強風で締まりそうになったドアを左手で押さえ外廊下に面した格子窓に右手をあてた時、格子と格子の間に勢いよく右手が挟まったため痛めていた右手首を更に負傷した。痛みとしびれの症状が治まらず平成29年2月28日病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから74日目に沖縄県で発生した労災)

奈良県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

土木工事

【負傷部位】

左手小指

【労災発生状況】

平成28年12月9日、午前8時より水路(U字溝)補修工事に従事していた。午前10時45分頃、2tトラックからU字溝の荷降ろし作業を行っていたが、その際U字溝(94kg)とトラックの荷台の間に誤って左手小指を挟んでしまい負傷した。その後は仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから388日目に奈良県で発生した労災)

東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

空調工事

【負傷部位】

右足首

【労災発生状況】

平成28年12月9日午後1時30分頃、3階建てアパート新築工事現場にて、空調工事中、3階での空調取付け作業を終えて2階に行く為はしごを下りていたところ、はしごが設置されていた2階床のコンパネ(厚さ約12㎜)が突然抜けて約5m下の1階まではしごと一緒に落下し1階木の床に右足から着いて転倒したことにより右足首を負傷した。当日は仕事を中断して病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから238日目に東京都で発生した労災)

兵庫県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工

【負傷部位】

腰・右足

【労災発生状況】

平成28年12月8日、午前8時30分より住宅リフォーム工事に従事していた。午前10時頃、車の荷台から3mの角材を引っ張り下ろそうとした際に、腰をひねり右足に痛みを感じ負傷した。その後様子を見ていたがよくならないので12月16日に病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから2285日目に兵庫県で発生した労災)