京都府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

内装仕上工事

【負傷部位】

左の肋骨

【労災発生状況】

平成29年1月27日午後3時頃、新築建売工事現場にて、2階LDK吹抜けのクロス貼り作業中、内部足場上(高さ約1m)でクロスを貼りながら移動していたところ、足を踏み外して落下、足場のパイプに左脇を強打して左の肋骨を負傷した。当日は仕事を中断して病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから1382日目に京都府で発生した労災)

愛知県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

コンクリート杭打ち工事の現場管理

【負傷部位】

右目

【労災発生状況】

平成29年1月27日午後2時30分頃、病院建設工事現場にて、杭打施工管理中に杭打機のオーガスクリュー(直径約1メートル、高さ約30メートル)についた土砂を4メートル程離れた位置からハイウォッシャーで取り除く作業を行っていたところ、下から1メートルの位置を洗浄していた際に上部から落ちてきた汚泥が液状の汚泥が広がっている地面に落ちた。そのとき跳ねた汚泥が右目に入り負傷した。その日は仕事を切り上げ、病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから67日目に愛知県で発生した労災)

群馬県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

看板工事

【負傷部位】

右肩脱臼

【労災発生状況】

平成29年1月25日午後4時頃、店舗改修工事に向かうため、自宅から車で出発した。午後6時頃現場に向かう途中の仕事仲間と合流し、別の車に乗り換えようと歩いていた際に暗がりで道脇の用水路(水は張っていない)に気づかず1.5m下に転落し右肩を強打し負傷した。その後すぐに病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから509日目に群馬県で発生した労災)

東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

通信工事

【負傷部位】

左足

【労災発生状況】

平成29年1月24日午前11時5分頃、住宅にて通信ケーブル工事を行っていたところ、高所作業車を使用した高所のケーブル工事を終え、高所作業車(高さ約4m)より塀(高さ約4m、幅約15cm)に移った際に、思った以上に間が開いていたためバランスを崩し塀より後ろ向きに落下しそうになった。そこでとっさに後ろ向きに跳び降り両足で着地したが、主に左足に体重がかかり、左足を負傷した。その後はその日の仕事が終わってから病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから71日目に東京都で発生した労災)

東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

首、右肩、腰、背中

【労災発生状況】

平成29年1月24日午前8時30分頃、グループホームにて、建方工事の土台入れ作業中、建物基礎の外側に置いてあった鋼製束の箱(30㎝×30㎝×120㎝ 重さ約30㎏)を建物基礎の中側に運ぶため中腰になり両手で持ち上げた時、首、右肩、腰、背中に急激に負荷がかかったことにより負傷した。当日は仕事を中断して受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから244日目に東京都で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

内外装工事・現場管理

【負傷部位】

右股

【労災発生状況】

平成29年1月23日午前9時30分頃、住宅改修工事現場にて、2Fの屋根(高さ約6メートル)に漆喰を塗りながら屋根の上を横に移動していたところ、前日の夜露で濡れていた瓦で足を滑らせ、落下しそうになったためあわてて棟にしがみついた。その際無理な体勢で踏ん張ったため右股を負傷した。その後しばらく様子を見ていたが良くならないため平成29年1月28日に病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから633日目に大阪府で発生した労災)

青森県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

内装仕上工事

【負傷部位】

大腿骨就業

【労災発生状況】

平成29年1月23日、住宅新築工事に向かうため、午前8時00分頃に自宅を車で出た後、当日使用予定のクロス工事用の糊を購入するため問屋へ向い、その後午前9時20分頃に同じく車にて現場へと向かった。午前10時頃途中のコンビニに飲み物を購入しようと立ち寄った際に、車を駐車場に停め小走りで店舗に向かっていたところ、全面凍結していた駐車場の地面に右足を滑らせそのまま右足を下敷きにするように転倒、右大腿骨を打ち負傷した。その日はそのまま家に戻り様子を見ていたが、痛みがひどいため昼頃病院に行き受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから54日目に青森県で発生した労災)

香川県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

内装仕上工事

【負傷部位】

右足・骨折

【労災発生状況】

平成29年1月21日、午前8時30分より住宅新築工事に従事していた。午後6時30分頃、脚立にのって天井のクロス貼り作業を行なっていたが、移動するため脚立を降りた際に地面にカットテープ(3cm丸)があるのに気づかず誤って踏んでしまいバランスを崩し転倒、右足首をひねり負傷した。その後様子を見ていたがよくならないので1月28日に病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから256日目に香川県で発生した労災)

神奈川県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

水道施設工事

【負傷部位】

左手の平

【労災発生状況】

平成29年1月21日11時50分頃、給水管直圧工事における受水槽基礎解体作業中、両手でブレーカー(全長約70㎝)を持ち体重をかけてコンクリートの受水槽を解体していたところ、バランスを崩して左側に転倒しそうになり咄嗟にのばした左手(作業用手袋着用)が鉄筋棒(直径1.3㎜)にあたったため左手の平を負傷した。当日は仕事を中断して病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから383日目に神奈川県で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

電気工事

【負傷部位】

左手首

【労災発生状況】

平成29年1月20日午前11時頃、住宅にて、2階のエアコンを取り外し引越し先へ運搬するため1人で室外機(重さ約40kg、大きさ80×80×40cm)を車まで運んでいたところ、階段を降りているときに下から二段目で足を踏み外し下から抱え持っていた室外機を取り落とした。その際に落ちた室外機と床との間に左手首を挟み負傷した。その後しばらく様子を見ていたものの良くならないため、平成29年1月26日病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから476日目に大阪府で発生した労災)