東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

型枠コンクリート工事

【負傷部位】

右手小指

【労災発生状況】

平成28年10月27日、午前8時から自社作業場において現場で使用する型枠作りを行なっていた。午後2時頃、枠(木製1,800mm×400mm)を積み上げる際に枠2枚の間に右手小指はさみ、爪をはがしてしまい負傷した。その後仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから493日目に東京都で発生した労災)

愛媛県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

土木工事

【負傷部位】

左手・親指

【労災発生状況】

平成28年10月26日午前6時から作業場において現場で使用する木製の壁パネルの作成を行なっていた。午後3時頃、釘打ち機を使用して釘打ちを行なっていた際に、釘打ち機を持っていた右手がぶれて、誤って材料を押さえていた左手親指に釘を打ってしまい、負傷した。その後仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから331日目に愛媛県で発生した労災)

東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

塗装工事

【負傷部位】

左肘

【労災発生状況】

平成28年10月25日、午前8時から新築工事に従事していた。午後3時頃、階段の踊り場で脚立にのって内壁の塗装作業を行なっていたが、その時脚立が傾きバランスをくずして90cm位下の床に落下、左肘を負傷した。その後は仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから452日目に東京都で発生した労災)

埼玉県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

圧接工事

【負傷部位】

左手

【労災発生状況】

平成28年10月21日一般住宅新築工事に従事していた。午後1時30分頃、鉄柱の圧接作業の工程にて左手で鉄柱(直径35mm×3m)を持ち、圧接機を取り外そうとしたところ、圧接機が勢いよく動き、左手を挟み込んでしまった。その際左手親指の付け根付近を剥離骨折して負傷した。事故当日は最後まで仕事をして病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから204日目に埼玉県で発生した労災)

千葉県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

サイディング工事

【負傷部位】

左手人差し指

【労災発生状況】

平成28年10月18日、午前8時から住宅新築工事に従事していた。午前11時55分頃、足場の上で外壁のサイディング材の貼付け作業を行なっていたが、誤って足を滑らせ地面に足から落下(高さ2m位)、落下の際サッシに左手がひっかかり人差し指を負傷した。その後は仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから146日目に千葉県で発生した労災)

静岡県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

足場工事、とび工事

【負傷部位】

左肩、左足

【労災発生状況】

平成28年10月18日、午前8時から発電所塗装工事に従事していた。午後2時30分頃、配管の中の塗装の塗り替えのための足場組立て作業を行なっていたが、勾配がある場所での作業中、急に足元の足場材が滑落し足場材と足場材の間に左肩と左足を挟まれた状態で勾配を10mくらい滑べり落ちた際に負傷した。その後仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから28日目に静岡県で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

管工事

【負傷部位】

頭部、全身打撲

【労災発生状況】

平成28年10月17日午前5時30分頃、自宅から車で出発して工場に向かい、そこからトラックの後部席に乗り定修工事へ出発した。午前6時50分頃、和歌山県海南市藤白付近の阪和自動車道海南IC下り線出口を走行中、車がスリップし壁に衝突、その際に頭部、全身を負傷した。その後、救急車で病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから94日目に大阪府で発生した労災)

愛知県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

額、左肩、左手首、左ひざ

【労災発生状況】

平成28年10月16日、住宅補修工事に従事していた。午後3時頃、6尺の脚立に上って外壁の雨漏りの補修作業を行っていたところ、バランスを崩して転落した。その際地面のコンクリートで額(12針縫った)と左半身を強打して負傷した。事故当日は仕事を切り上げて一旦帰宅し、緊急外来の病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから156日目に愛知県で発生した労災)

兵庫県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

塗装工事

【負傷部位】

右ひざ

【労災発生状況】

平成28年10月14日、一般住宅外壁塗装工事終了後、道具類を保管している貸倉庫で当日使用した資材の積降作業を行っていた。午後8時頃、コンプレッサー(幅約60cm、重さ約15kg)を自動車から降ろそうとしたところ、暗がりで足元が不明な中で、地面に置いていた養生ビニールのロールを右足で踏んでしまいバランスを崩してしまった。その際右ひざを捻ってしまい激痛を感じて負傷した。しばらく様子を見ていたが痛みでまともに歩けなくなってしまった為、翌10月15日に病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから441日目に兵庫県で発生した労災)

奈良県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

サイン工事

【負傷部位】

顔面、手首、肘

【労災発生状況】

平成28年10月13日、店舗サイン改修工事に従事していた。午前9時頃、屋根から梯子を使って地面に降りようとした際に、かけていた梯子がはずれ、バランスを崩し体の左側面から地面に落下(高さ約4m)、あご、手首、肘、歯を負傷した。その後仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから534日目に奈良県で発生した労災)