群馬県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

建築工事

【負傷部位】

右足太もも・裂傷

【労災発生状況】

平成29年2月24日、午前7時30分から住宅新築工事に従事していた。午後4時頃、1F屋根から2Fのフロアーに釘を取りに行こうと足場を移動している時、足場にかけた足が滑りバランスを崩し地面に転落し、その際に右足太ももを負傷した。その後仕事を切り上げ病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから690日目に群馬県で発生した労災)

神奈川県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

電気工事

【負傷部位】

胸部及び背中

【労災発生状況】

平成29年2月24日午前11時頃、フィットネスCLUBにて、3階の照明器具交換工事の際、両手で照明器具が入ったダンボール(1m角×20㎝ 5㎏)を3箱重ねて持ち4階から3階への室内階段を下りていたところ、胸部及び背中に痛みが走った。当日は痛みをこらえて作業を続け終了後、病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから9日目に神奈川県で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

内装仕上工事

【負傷部位】

右手人差し指

【労災発生状況】

平成29年2月23日午前8時ごろ、作業場内にて介護付老人ホーム壁紙張替工事に使用するための壁紙糊付け機(高さ約1メートル、横約1.2メートル、奥行き約0.5メートル)を洗浄していたところ、電源を入れ回転しているローラーを右手に持ったスポンジで洗っていた際に、右手人差し指がローラーに巻き込まれて負傷した。その日は最後まで仕事を行い、翌日病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから938日目に大阪府で発生した労災)

神奈川県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

防水工事、塗装工事

【負傷部位】

右足のひざ

【労災発生状況】

平成29年2月22日午後1時頃、外装改修工事の際、塗装工事の養生作業中、1階の折板屋根上にあるパイプに養生カバーを巻くため、足場から約50㎝下の折板屋根に降りた時、折板屋根の溝(高さ約20㎝、幅約2~3㎝)に右足を着いた瞬間、右ひざの内側に負荷がかかり負傷した。当日は仕事を中断して病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから328日目に神奈川県で発生した労災)

福岡県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

電気工事

【負傷部位】

薬指

【労災発生状況】

平成29年2月22日午後2時50分頃、自宅倉庫内にて、同日向かう予定だった配線工事現場にて使用予定の回転ドリル(キリの長さ約40mm、キリの直径約14mm)を修理していたところ、中腰で回転ドリルのキリを下向きにした状態で右手でドリルのグリップを握り、左手にブラシを持ってさびたキリを磨いていた際に誤ってスイッチを入れてしまい、刃が回転し左手薬指を巻き込み負傷した。その後は仕事を切り上げ病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから475日目に福岡県で発生した労災)

神奈川県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

建具工事、金属工事

【負傷部位】

左手中指

【労災発生状況】

平成29年2月22日午後5時頃、新築工事現場にて、エレベーターホールの壁に鉄製パネルを取付ける作業中、パネル下部に両手を入れて持ちパネル背面の爪を壁面につけられた下地の爪に掛けた後パネルを下げて固定しようとしていた際、爪が掛かっていなかったためパネル(約60㎝×約0.5㎝×約230㎝ 重さ約70㎏)が垂直に落下し、とっさに手を手前に引き抜いたところ、左手中指の先端がパネルに削ぎ落とされて負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから274日目に神奈川県で発生した労災)

広島県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

管工事

【負傷部位】

右足

【労災発生状況】

平成29年2月22日午後2時頃、新築工事現場にて、配管工事の際に地下より出ている塩化ビニル製のパイプ(直径150mm、高さ500mm)を切断するため、右足を伸ばし、左足は膝立ちの状態で両手で持ったサンダー(刃の大きさ直径約120mm、重さ約2kg)にて横に切断していたところ、右足と刃との距離感を見誤り刃が右足膝下に接触、負傷した。その日はすぐに病院にて受診した後、仕事に復帰した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから456日目に広島県で発生した労災)

岡山県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

左足ひざ

【労災発生状況】

平成29年2月21日午後5時頃、アパート改修工事の際、廊下のフローリングを貼る作業中、梱包されたフローリング材(約70㎜×300㎜×1800㎜)を両手で持ち廊下を歩いていたところ、木材(約150㎜×150㎜×1000㎜)につまずいて1段(高さ約10㎝)下がっているリビング側に転倒し、リビングの木の床に左足の膝を強打して負傷した。当日は仕事を切り上げて帰宅し時間が遅かったことから翌日平成29年2月22日病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから204日目に岡山県で発生した労災)

愛知県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

建築工事

【負傷部位】

右手人差し指

【労災発生状況】

平成29年2月21日午前8時30分頃、作業所にて、壁等に取付けるコントロールパネルの加工作業中、コントロールパネル(300㎜×1800㎜)を幅約9㎝にそろえるため作業台上の電動のこぎりで切断した後、作業台の向こう側に切断したコントロールパネルを押し出そうとして右手を伸ばした際に電動のこぎりの刃(長さ約40㎝)に右手人差し指が接触して負傷した。当日は仕事を中断して病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから1565日目に愛知県で発生した労災)

神奈川県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

左足のひざ、左足首、腰

【労災発生状況】

平成29年2月20日午後1時10分頃、住宅の新築工事において、約5年間作業途中にしていた屋根の破風板を取付けるため足場を組む作業中、敷地内の地面に置いてあった足場ジョイントが入ったプラスティックケース(約40㎝×40㎝××40㎝ 重さ約20㎏)をしゃがんで両手で持ちあげたところ、左足のひざ、左足首、腰に痛みを感じ負傷した。当日は仕事を中断して病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから83日目に神奈川県で発生した労災)