神奈川県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

内装仕上工事

【負傷部位】

腰から左下半身(左臀部、左太もも、左すね、左足首、左つま先)

【労災発生状況】

平成29年9月13日午後4時40分頃、アパートにて、新築クロス工事の際、2台の脚立の高さ約60㎝の位置に足場板を置きその上に乗って中腰や直立の姿勢で天井の壁紙を貼る作業中、床の上に置いた材料を取るため足場の昇り降りを約400~500回行ったところ、腰から左下半身(左臀部、左太もも、左すね、左足首、左つま先)に痛み及びしびれを感じた。同作業を長年続けていたことによる症状だと思い市販の痛み止め薬を飲んで仕事を続けていたが、痛み及びしびれが増したため平成29年9月22日整形外科クリニックで受診した。その日の夜動けなくなるほど痛みが増したため自宅から病院に救急搬送され入院した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから105日目に神奈川県で発生した労災)

福井県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

土木工事

【負傷部位】

頭部

【労災発生状況】

平成29年9月13日午前10時30分頃、住宅の改修工事の際外壁を取り外した後に残っていた窓の木枠(180㎝×90㎝)を切り取る作業中、高さ約2m30㎝の足場上でチェーンソーを使って切っていたところ、木枠を切り落とした瞬間にバランスを崩して落下し頭部を地面に強打して負傷した。その後、仕事を中断し救急車で病院に搬送された。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから180日目に福井県で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

塗装工事

【負傷部位】

右足のかかと

【労災発生状況】

平成29年9月13日午前11時頃、改修塗装工事における塗装前の洗浄作業中、別の作業員が足場上で高圧洗浄機を使用し外壁の洗浄を行っていた時、問題なく洗浄ができるよう地上で見守る作業をしていたところ、高圧洗浄機のホースのジョイントが足場板とパイプの間に挟まったため、昇降階段を上って足場板(高さ約2m)上に行き挟まったジョイントをはずした後昇降階段を下りていた際、足を滑らせ約7段(約160㎝)下まで滑り落ち地上近くの鉄の足場パイプに右足のかかとを強打して負傷した。その後痛みにより作業はほぼできなかったが仕事終了時間まで座って療養した後病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから796日目に大阪府で発生した労災)

神奈川県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

塗装工事

【負傷部位】

左手親指

【労災発生状況】

平成29年9月13日午前11時30分頃、住宅にて、塗り替え塗装工事におけるシーリング撤去作業中、足場上で外壁のシーリングを左手で押さえ右手でカッター(長さ約18㎝、刃の長さ約10㎝)を使用して古いシーリングをはがしていたところ、カッターの刃が左手親指に接触し負傷した。その後仕事を中断して病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから173日目に神奈川県で発生した労災)

愛媛県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

左手

【労災発生状況】

平成29年9月13日午前8時10分頃、住宅新築工事にて、工事に使う桁材の束(木材、大きさ約105×330×4000mm、重さ約40kg)を玉掛けするため下から両手で抱え持って置場から運んでいたところ、作業場所の木製の床に置いた際に誤って左手を桁材と床に挟んでしまい、左手中指を負傷した。その後は仕事を切り上げてしばらく様子を見ていたが、痛みが引かないため当日中に病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから531日目に愛媛県で発生した労災)

和歌山県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

防水工事

【負傷部位】

首、両肩及び背中

【労災発生状況】

平成29年9月11日、クリニックの新築防水工事において午後5時50分頃内部各所シーリング作業を終え翌日の作業の打ち合わせをして午後6時15分頃車で出て自宅に向かい県道752号線を大阪方面に走行中、午後6時55分頃交差点にて左折レーンから左折しようとしたところ、右後方から走行してきた相手車に追突されたため首、両肩及び背中を負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから199日目に和歌山県で発生した労災)

滋賀県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

土木工事

【負傷部位】

左肩、左腕、左背中、左腰打撲

【労災発生状況】

平成29年9月11日午前10時5分頃、当日の現場の住宅改装工事で使用する資材を、事務所の2階倉庫から持ち出す際に、2階から1階へ階段を下りる途中の8段目位から誤って足を滑らせ、1階まで落下しその際に左肩、左腕、左背中、左腰を強打し負傷した。その後仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから7日目に滋賀県で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

左手、両足

【労災発生状況】

平成29年9月11日午前11時45分頃、一戸建て新築工事にて建方工事を行っていたところ、立てた柱に梁(高さ約290cm)のほぞを入れるためかけや(木製、大きさ直径約10cm×幅約25cm)で柱を叩いている同業者がいるにもかかわらず、4尺脚立(アルミ製、高さ約120cm)の天板から二段目(高さ約90cm)で柱に左手を添えながら方引きボルトを入れようとしてしまい左手をかけやで叩かれて負傷、またその衝撃で脚立から後方に脚立を巻き込んで転倒し左足の脛と右足の太ももを負傷した。その後は応急手当を行い、仕事が終わってから病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから661日目に大阪府で発生した労災)

徳島県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

左手

【労災発生状況】

平成29年9月10日午後2時30分頃、住宅新築工事にて、垂木への転び止め取り付け作業を行っていたところ、足場上で垂木間(幅約45cm)の転び止めに釘打ちを行い、その後釘打ち機を手元に引き寄せた際に釘打ち機の先端が垂木に接触し、その反動で釘打ち機の射出口が左手側にぶれ、そのまま誤って引き金を引いてしまい左手を釘(長さ約75mm、直径約3mm)で打ち抜き負傷した。その後は仕事を切り上げ病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから797日目に徳島県で発生した労災)

東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

塗装工事

【負傷部位】

左手首

【労災発生状況】

平成29年9月10日午前0時30分頃、百貨店6階5区画にて天井塗装工事を行っていたところ、下地処理のため立ち馬(高さ約600mm、天板併せて全3段)に乗ってペーパーかけ作業を行い、その後場所移動のため右手にサンドペーパーを持ったまま前向きに立ち馬を降りていた際に、2段目のステップを左足で踏み外してしまいバランスをを崩して前のめりに転倒、コンクリートの床に体を強打し左手首を負傷した。その後は仕事を切り上げて救急車を呼び、病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから884日目に東京都で発生した労災)