千葉県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

空調設備工事

【負傷部位】

右手首の骨折、左肘

【労災発生状況】

平成28年11月3日、午前9時から店舗エアコン入れ替え工事に従事していた。午後5時頃、脚立に乗り天井の作業を行なっていたが、移動のため脚立から下りようして後ろ向きで脚立の4段目から3段目に足をかけた時、足を踏みはずし90cm位下の床に後ろ向きで落下、先に右手を地面についた際に右手首と左肘を負傷した。その後は仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから133日目に千葉県で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

背中、腰、首

【労災発生状況】

平成28年10月31日午後4時頃、戸建て住宅にて、改修工事の際に取外していたエアコンを取付ける作業中、電気工事の方(現認者)と一緒にエアコンの両端で5尺脚立の下から4段目(高さ約1m)に乗り1階の壁に取付けていたところ、足を踏みはずして背中から落下し、下にあったこたつに背中、腰、首を強打して負傷した。痛みが増したため平成28年11月1日病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから31日目に大阪府で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

防水工事、塗装工事

【負傷部位】

左手親指

【労災発生状況】

平成28年10月29日、住宅外壁塗装工事に従事していた。午前9時10分頃、足場に上って木枠のビニール養生作業中に、テープを貼る為古い家の木枠の上に手を滑らせていたところ、大き目の木の破片(ささくれ)が左手親指に刺さってしまった。その際、ささくれが左手親指を貫通して負傷した。事故当日は仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから1278日目に大阪府で発生した労災)

千葉県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

塗装工事

【負傷部位】

腰、両肘、左肩

【労災発生状況】

平成28年10月28日午後4時頃、機械作業場にて、新築塗装工事の際、階段室で階段に立てかけた5尺脚立の下から3段目(高さ約1m)に乗り壁のパテ作業をするためのファイバーテープを貼って脚立から降りている時、足を踏みはずして落下しコンクリートの階段に腰、両肘、左肩を強打して負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから421日目に千葉県で発生した労災)

滋賀県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

鳶工事

【負傷部位】

左手中指

【労災発生状況】

平成28年10月28日午前11時15分頃、請負先敷地内にて、一般住宅解体工事の足場組立作業で使用する足場部材(纏められたもの、重さ約80kg)をトラックに積み込み作業をしていたところ、左手中指を足場部材と荷台の間に挟み込んでしまい負傷した。事故当日は仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから14日目に滋賀県で発生した労災)

奈良県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

左手首

【労災発生状況】

平成28年10月27日、奈良県宇陀市大宇陀上品の住宅屋根工事に従事していた。午後4時30分頃、施工中に雨で濡れていた足元が滑り、バランスを崩して高さ2m80cm程の屋根から地面に転落した。その際地面で左手を強打して左手首を骨折して負傷した。事故当日は仕事を切り上げて救急車で搬送されて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから1153日目に奈良県で発生した労災)

埼玉県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

内装仕上げ クロス工事

【負傷部位】

左手親指

【労災発生状況】

平成28年10月27日、午前8時30分より住宅改修工事に従事していた。午前10時7分頃、壁クロスのカット処理をカッターナイフを使用して行なっていたが、その際定規を押さえていた左手親指を誤って切ってしまい負傷した。その後は仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから134日目に埼玉県で発生した労災)

東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

型枠コンクリート工事

【負傷部位】

右手小指

【労災発生状況】

平成28年10月27日、午前8時から自社作業場において現場で使用する型枠作りを行なっていた。午後2時頃、枠(木製1,800mm×400mm)を積み上げる際に枠2枚の間に右手小指はさみ、爪をはがしてしまい負傷した。その後仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから493日目に東京都で発生した労災)

愛媛県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

土木工事

【負傷部位】

左手・親指

【労災発生状況】

平成28年10月26日午前6時から作業場において現場で使用する木製の壁パネルの作成を行なっていた。午後3時頃、釘打ち機を使用して釘打ちを行なっていた際に、釘打ち機を持っていた右手がぶれて、誤って材料を押さえていた左手親指に釘を打ってしまい、負傷した。その後仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから331日目に愛媛県で発生した労災)

東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

塗装工事

【負傷部位】

左肘

【労災発生状況】

平成28年10月25日、午前8時から新築工事に従事していた。午後3時頃、階段の踊り場で脚立にのって内壁の塗装作業を行なっていたが、その時脚立が傾きバランスをくずして90cm位下の床に落下、左肘を負傷した。その後は仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから452日目に東京都で発生した労災)