大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

水道工事

【負傷部位】

右わき腹

【労災発生状況】

平成28年4月5日、午前8時より新築住宅の配管工事に従事していた。午後5時頃、配管の埋め戻し作業を行っていたが、誤って地面に出ていた排水枡につまづいて倒れた時に、右わき腹を排水枡に強打し負傷した。翌日病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから157日目に大阪府で発生した労災)

奈良県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

左足親指・骨折

【労災発生状況】

平成28年4月5日、午前8時より倉庫内において工事用資材の片付け、準備作業をしていた。午後4時頃、合板(600×3,000、約10kg)を両手で持って移動している際、誤って合板を他の資材に当ててしまいそのはずみで合板が手から滑り落ち、左足親指に落下し負傷した。その後仕事をきりあげて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから454日目に奈良県で発生した労災)

静岡県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

内装仕上工事

【負傷部位】

腰、肋骨、背中

【労災発生状況】

平成28年4月2日午後1時30分頃、会場の新築工事において、1階事務所にて天井岩綿吸音板の貼り付け前の墨だし作業中、脚立足場上を移動した際、足場板を固定していた結束バンドが緩み、足をかけた足場板が前方に滑ったためバランスを崩して脚立足場(高さ1500㎜)から落下しコンクリート床に腰を強打して腰、肋骨、背中を負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから115日目に静岡県で発生した労災)

東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

空調工事

【負傷部位】

右手人差し指

【労災発生状況】

平成28年4月2日午前9時頃から住宅の新築工事のエアコン設置工事に従事していた。午前9時30分頃、エアコンの配管を隠す為のカバーの取付作業を行っていたところ、回転するインパクトドリルが誤って右手の人差し指に接触してしまい、負傷した。事故当日は最後まで仕事をして、夕方病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから171日目に東京都で発生した労災)

茨城県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

仮設工事

【負傷部位】

【労災発生状況】

平成28年3月31日、新築一戸建現場の仮設工事にあたり、午前6時30分頃自動車で自宅を出て現場に向かっていた際、午前8時28分頃交差点にて、信号がないため一時停止して発進したところ左側から走行してきた相手の自動車と出合い頭に衝突し首を負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから122日目に茨城県で発生した労災)

和歌山県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

鉄筋工事

【負傷部位】

右手肘

【労災発生状況】

平成28年3月31日、道路工事の橋桁耐震工事鉄筋据付作業で使用した道具をトラックに積み込み、請負先の会社に移動していた。午後5時15分頃、荷台の道具箱の固定が不安定で落下するおそれがあることに気づき、和歌山県西牟婁郡白浜町付近の県道33号線の路肩に停車して荷台の奥に放り投げたところ、右手肘を捻り、激痛を感じて負傷した。しばらく様子を見ていたが痛みが引かない為、翌日病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから244日目に和歌山県で発生した労災)

愛知県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

解体工事

【負傷部位】

右手首

【労災発生状況】

平成28年3月31日午後4時45分頃、リサイクル工場にて、解体工事の際に撤去したゴミの仕分け作業中、コンベヤーの横(高さ約1m70cm、幅約20㎝)に立ってコンベヤーから外れたゴミを戻していたところ、狭い所に立ち体勢が悪かったためバランスを崩して落下しコンクリート床に右手首を強打して負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから143日目に愛知県で発生した労災)

東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

右手の中指と薬指

【労災発生状況】

平成28年3月29日午前8時35分頃、戸建て現場の新築工事において、建て方の組立作業中、1階にて柱と梁を合わせるために脚立に上って柱と梁の合わせ目に右手をかけた時、梁の上にいた同業者がちょうど振り下ろした掛矢(槌の直径約15㎝、長さ約20cm、柄の長さ約90cm、重さ約3㎏)が右手を強打して、右手の中指と薬指を負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから428日目に東京都で発生した労災)

埼玉県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

管工事

【負傷部位】

左手首骨折

【労災発生状況】

平成28年3月29日、午前8時より小学校改修工事に従事していた。午後4時15分頃、エアコンドレンの天井配管作業中、誤って脚立から足を滑らせて転倒した際に左手首を地面と脚立に挟まれ強打し負傷した。その日の仕事を終えて病院で受診したところ骨折と診断された。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから333日目に埼玉県で発生した労災)

岐阜県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

土木工事

【負傷部位】

左足親指

【労災発生状況】

平成28年3月27日、午前8時より土木工事の土場において、住宅外構工事に使用する資材の準備作業を行っていた。午前10時40分頃、セメントが入っているドラム缶を移動させようと持ち上げた際に手が滑り、ドラム缶が左足の親指に直撃し負傷した。翌日病院で受診したところ左足親指の関節脱臼と診断された。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから1701日目に岐阜県で発生した労災)