沖縄県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

右手首

【労災発生状況】

平成28年12月10日、マンションにて、新築内装工事の床張り作業において、午前8時から午後4時30分の間に休憩をとりながら約6時間、右手に持った電動工具(エアーコンプレッサーでホースを繋げたタッカー、重さ約0.5㎏)でベニヤ板(910㎜×1800㎜×5.5㎜)約25枚を1秒間約5発の頻度で床に打ち付けていたところ、電動工具を時々左手に持ち替えながら作業していたが、右手首が痛くなり右手をにぎるとしびれるようになった。市販の痛み止め薬を服用し痛みをこらえて休業せず仕事を続けていたが、平成29年1月10日午前11時頃、同じ現場にて内装手直し作業の際、室内から外に出ようと玄関のドアを開けた際、強風で締まりそうになったドアを左手で押さえ外廊下に面した格子窓に右手をあてた時、格子と格子の間に勢いよく右手が挟まったため痛めていた右手首を更に負傷した。痛みとしびれの症状が治まらず平成29年2月28日病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから74日目に沖縄県で発生した労災)

奈良県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

土木工事

【負傷部位】

左手小指

【労災発生状況】

平成28年12月9日、午前8時より水路(U字溝)補修工事に従事していた。午前10時45分頃、2tトラックからU字溝の荷降ろし作業を行っていたが、その際U字溝(94kg)とトラックの荷台の間に誤って左手小指を挟んでしまい負傷した。その後は仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから388日目に奈良県で発生した労災)

東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

空調工事

【負傷部位】

右足首

【労災発生状況】

平成28年12月9日午後1時30分頃、3階建てアパート新築工事現場にて、空調工事中、3階での空調取付け作業を終えて2階に行く為はしごを下りていたところ、はしごが設置されていた2階床のコンパネ(厚さ約12㎜)が突然抜けて約5m下の1階まではしごと一緒に落下し1階木の床に右足から着いて転倒したことにより右足首を負傷した。当日は仕事を中断して病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから238日目に東京都で発生した労災)

兵庫県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工

【負傷部位】

腰・右足

【労災発生状況】

平成28年12月8日、午前8時30分より住宅リフォーム工事に従事していた。午前10時頃、車の荷台から3mの角材を引っ張り下ろそうとした際に、腰をひねり右足に痛みを感じ負傷した。その後様子を見ていたがよくならないので12月16日に病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから2285日目に兵庫県で発生した労災)

京都府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

胸部、頭部

【労災発生状況】

平成28年12月8日午前8時頃、住宅新築工事現場にて、2階の梁の入替え作業中、6尺脚立の上から3段目(2階床からの高さ約1m50㎝)で梁を抜いていた時、勢いよく抜けた梁を1階に落とさないようにつかんだところ、梁と一緒に約5m下に落下し、1階の木の床に胸部、頭部を強打して負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから210日目に京都府で発生した労災)

千葉県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

塗装工事

【負傷部位】

背中、腰、右足

【労災発生状況】

平成28年12月7日午前10時40分頃、住宅改修塗装工事の際、下屋根の上(高さ約3m)に乗り建物西面の外壁を塗ろうとしていたところ、瓦で足を滑らせて落下し、鉄製の足場(高さ約1m)に背中、腰、右足を強打して負傷した。当日は仕事を中断して自宅療養し、翌日平成28年12月8日痛みが増したため病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから33日目に千葉県で発生した労災)

千葉県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

防水工事

【負傷部位】

左手の小指

【労災発生状況】

平成28年12月7日午後1時30分頃、改修工事の際、屋上で防水下地処理作業中、右手にハツリ用ハンマーを持ち左手にドライバーを持ってモルタルの剥離部分を撤去していたところ、誤ってハツリ用ハンマー(柄の長さ約30㎝、頭部約10㎝)で左手の小指をたたいてしまい負傷した。痛みをこらえて仕事を続けていたが、腫れがひかなかったため平成28年12月9日病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから251日目に千葉県で発生した労災)

奈良県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

看板工事、造園工事

【負傷部位】

左手親指

【労災発生状況】

平成28年12月7日、午前8時30分からガレージ補強工事に従事していた。午後3時頃、ガレージ上に被さっていた樹木を剪定用のこぎりで切断作業中、誤って木を押さえていた左手の親指付け根にのこぎりの刃があたり負傷した。その後しばらく様子を見ていたが治らないので12月16日に病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから1233日目に奈良県で発生した労災)

東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

解体工事

【負傷部位】

左足

【労災発生状況】

平成28年12月6日、午前8時から住宅新築工事に従事していた。午後4時30分頃、電動工具を使用してコンクリートの壁を削る作業を行なっていたが、その際工具がはねて、左足の膝の上に工具を落とした際、刃の部分で負傷した。その後病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから277日目に東京都で発生した労災)

福岡県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

左手薬指

【労災発生状況】

平成28年12月6日、午前8時より住宅新築工事に従事していた。午前11時頃、ベランダの出入口の柱の敷居にまぐさを入れる作業を行っていた。電動のこぎりを使用して低い姿勢で行っていたがその際、添えていた左手の薬指に誤ってのこぎりの刃が巻き込み負傷した。その後は仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから957日目に福岡県で発生した労災)