福岡県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

塗装工事

【負傷部位】

左手の人差し指

【労災発生状況】

平成29年7月7日午後12時30分頃、共同集会所にて、外壁塗装工事の高圧洗浄作業中、外壁に取り付けられていたアルミ製のベントキャップ(直径約15㎝)の上部が外れていたため水が入らないように下から押さえようとしたところ、ベントキャップ下部の角(アルミの厚さ約1~2㎜)に左手が勢いよくあたり左手の人差し指を負傷した。その後仕事を中断して病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから280日目に福岡県で発生した労災)

東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

電気工事

【負傷部位】

右腕

【労災発生状況】

平成29年7月7日午後12時30分頃、エアコン設置工事としてダクトカバーを取り付けていたところ、2階外壁に取り付けるため11段梯子(高さ約5.5m)を立て、上から三段目の位置(高さ約5m)まで上り作業をしていた際に、不意にバランスを崩し隣の家のカーポート(高さ約2m、プラスチック製)に背中側から落下、右腕を強打し負傷した。その後は仕事を切り上げ病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから463日目に東京都で発生した労災)

徳島県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

土木工事

【負傷部位】

左足

【労災発生状況】

平成29年7月6日午前9時30分頃、太陽光発電システム配置計画工事にて設置場所の法面を整形していたところ、整形部分の草を除草しその草を集めていた際に、左足が地面にあった石ですべり、そのまま土や石、草のある法面を約4~5M滑り落ちてしまい左足を打って負傷した。その後はしばらく様子を見ていたが、痛みが引かないため翌日の平成29年7月7日に病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから15日目に徳島県で発生した労災)

埼玉県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

建築工事

【負傷部位】

左脇腹

【労災発生状況】

平成29年7月6日、午前8時より新築工事に従事していた。午前9時頃、スラブ張り作業中、着用していた作業着が鉄筋に引っかかり転倒しその際に左脇腹を強打負傷した。その後仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから703日目に埼玉県で発生した労災)

千葉県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

両手、顔面

【労災発生状況】

平成29年7月6日午前10時30分頃、住居新築工事にて、仮囲いの設置作業を直射日光の当たる屋外で行っていたところ、暑さで気分が悪くなったったため一度トラックに戻り、エアコンをつけて頭から上半身にかけて10秒弱冷却スプレーをかけ、その後20~30秒ほどして少し落ち着いたためタバコに火をつけようと右手に持ったライターを着火させた際に、残っていたスプレーに引火し両手と顔面を負傷した。その後は仕事を切り上げ病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから317日目に千葉県で発生した労災)

神奈川県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

塗装工事

【負傷部位】

右腕と左股関節

【労災発生状況】

平成29年7月5日、午前8時30分からマンション改修工事に従事していた。午後2時30分頃、塗装缶を持ちながら足場を上ろうとした時、右足が滑ってバランスを崩し持っていた塗装缶の落下を防ぐため右手で足場板を掴み踏ん張った際、腕と股関節を捻って負傷した。その後仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから91日目に神奈川県で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

電気工事、機械器具設置工事

【負傷部位】

左手小指の付け根

【労災発生状況】

平成29年7月5日午後4時30分頃、工場内にて、増築工事に使用予定の部材を4tトラックに積み込む作業中、トラックの荷台に乗ってクレーンで吊り上げられたH鋼(約2m×1m×9㎜ 約500㎏)を降ろそうとした時、かたむいたH鋼と荷台のあおりとの間に左手の小指をはさんで左手小指の付け根を負傷した。その後仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから886日目に大阪府で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

内装仕上工事

【負傷部位】

左手親指

【労災発生状況】

平成29年7月5日、午前8時より医療センター新築工事に従事していた。午前9時頃、三角形のボード板をカッターナイフと定規を使用して加工していたが、カッターの刃が滑り定規を押さえていた左手親指を誤って切ってしまい負傷した。その後仕事を切り上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから44日目に大阪府で発生した労災)

千葉県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

左官工事

【負傷部位】

右手首

【労災発生状況】

平成29年7月5日午後4時頃、管理室の屋根防水工事を終え使用した材料を搬出する作業中、管理室の屋根の庇の下に立ち庇上の作業員から渡された一斗缶(約24㎝×24㎝×35㎝ 約2㎏)を受け取る時、手が滑ったため一斗缶が斜めに落下し開いていた蓋の鋭利な部分が右手首にあたって負傷した。その後仕事を中断して救急車で搬送され病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから54日目に千葉県で発生した労災)

岐阜県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

左官工事、レンガ・タイル・ブロック工事

【負傷部位】

右肩筋炎症

【労災発生状況】

平成29年7月4日、午前9時30分頃左官工事の現場にて軽トラックの荷台に左官工事で使用するセメント25kgの積み下ろし作業を行なっていたが、下ろす作業中に右肩を捻ってしまい負傷した。その後様子を見ていたがよくならないので8月3日に病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから362日目に岐阜県で発生した労災)