大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

室内装飾クロス工事

【負傷部位】

額(右眉毛の上)、下唇、前歯、歯を支えている部位

【労災発生状況】

平成29年5月20日午前9時30分頃、新築工事現場にて、クロス工事の際、玄関横にあるシューズクローク内(約1800㎜×800㎜×高さ約2500㎜)の天井のクロス貼り作業中、4段脚立の天板から2段目のステップに足をかけかえようとした時、足を踏み外して高さ約1.5mから落下し、狭い部屋の中で転倒しきらず斜めになった脚立や壁にぶつかって額(右眉毛の上)、下唇、前歯、歯を支えている部位を負傷した。その後仕事を中断して病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから371日目に大阪府で発生した労災)

奈良県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

とび工事

【負傷部位】

左足

【労災発生状況】

平成29年5月20日午後6時頃、平成29年5月22日に足場工事で使用予定だった足場材(大きさ約5×50×180cm、重さ約12~13kg)をトラックの右側から荷台に積んでいたところ、足場材を20枚程(高さ地上から約2M)積んだ時に積んでいた足場材の山が崩れそうになり、両手で押さえたものの支えきれず20枚程の足場材全てが落下、体にあたり左足の小指を負傷した。その後はそれで仕事が終わりだった為そのまま病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから486日目に奈良県で発生した労災)

神奈川県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

電気・通信工事

【負傷部位】

【労災発生状況】

平成29年5月19日午後3時頃、屋上にて、無線基地局保守工事を行っていたところ、アンテナ支持柱とかみ合わせている鉄骨に付いたボルトやナット(高さ約20~30cm)のトルクを、中腰にしゃがみ両手に持ったトルクレンチやラチェットで締め付けながら確認していた際に、不意にくしゃみをしてしまいその反動で腰を負傷した。その後は痛みをこらえて最後まで仕事を行い、帰宅後家で様子を見ていたが痛みが酷くなっていったため病院の休み明けである平成29年5月22日に病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから931日目に神奈川県で発生した労災)

千葉県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

金物取付工事

【負傷部位】

右ひじ及び左膝

【労災発生状況】

平成29年5月19日午前7時50分頃、再開発工事現場にて、金物取付工事の際、現場で足りなくなった道具を駐車場に停めていた車に取りに行き、現場に向かって台車に乗せた道具箱等を運んでいた時、道路上のグレーチングに台車のタイヤが引っ掛かったため前方に台車ごと転倒し、台車もしくはアスファルト地面に右ひじ及び左膝を強打し負傷した。当日は最後まで仕事をして翌日平成29年5月20日病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから98日目に千葉県で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

【労災発生状況】

平成29年5月19日午前9時20分頃、出張先の宮城県において住宅にて新築工事の際、2階から3階の階段場のPB(プラスターボード)を貼る作業中、足場上に設置された梯子に上って天場のビスを打ち終え梯子を下りていたところ、足を滑らせて約1m下の足場に落下しコンパネ敷きの足場に腰を強打して負傷した。その後仕事を中断して帰宅し自宅療養していたが痛みが増したため平成29年5月22日病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから253日目に大阪府で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

塗装工事

【負傷部位】

頭部

【労災発生状況】

平成29年5月19日午前10時頃、住宅改修工事現場にて塗装工事を行っていたところ、30分程の休憩を終えて次の工程の準備として、外に組んである足場の下においてあった工具を取る為に足場をくぐり、工具を取って戻ろうと振り向いた際に勢い余って頭を足場(高さ約1M、鉄製)にぶつけ額から頭頂部にかけて負傷した。その後は仕事を切り上げ、病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから139日目に大阪府で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

石工事

【負傷部位】

左手

【労災発生状況】

平成29年5月18日午前9時30分頃、住宅にて、プール改修工事の際、プール端部のFRP(防水 繊維強化プラスチック)をディスクサンダーで撤去作業中、コーキングにディスクサンダーの刃が引っ掛かりその反動でディスクサンダーが手から離れて、刃(直径120㎜)が左手に接触したため負傷した。その後仕事を中断して病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから31日目に大阪府で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

右手の人差し指

【労災発生状況】

平成29年5月18日午前9時30分頃、マンションにて、新築型枠工事の際、地中梁の底受け作業中、本来は高圧釘打ち機を利き手の右手で持つところを狭い場所だった為右手で持てず左手に持ち替え、右手で「受け桟木」を支えて釘を打った際、誤って右手の人差し指にワイヤー釘(長さ50㎜、直径約3㎜)を打ち込んでしまい負傷した。その後仕事を中断して病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから48日目に大阪府で発生した労災)

東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

とび工事

【負傷部位】

右膝

【労災発生状況】

平成29年5月18日午後3時頃、アパートにて足場工事を行っていたところ、高い部分(約3M)の仮設足場を組むために脚立(全5段、高さ約1.8M)に乗って作業を行い、作業が終わったため脚立を降りた際に、右足を最後の一段で踏み外しその勢いで右ひざを捻り負傷した。その後はしばらく様子を見ながら仕事をしていたが、徐々に痛みがひどくなり平成29年5月22日に病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから175日目に東京都で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

給排水衛生設備工事

【負傷部位】

左足

【労災発生状況】

平成29年5月17日午前10時30分頃、配管工事を行っていた際に、使い終わったバックホーをダンプカーに乗せる為、ダンプカーの後ろに立ち両手で後部のあおりの上部分を開けたところあおり下部分のロックが外れていたのか1M程の高さから後部あおり(大きさ約50×200×5cm、重さ約70~80kg鉄製)が左足に落下し、左足首から甲にかけてを負傷した。その後は仕事を切り上げ、病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから198日目に大阪府で発生した労災)