東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

左足

【労災発生状況】

平成29年8月30日、マンションにてリフォーム工事を行い、午後5時に現場を自転車で出て自宅に向かった。午後5時15分頃、自宅アパートの駐輪場付近にて自転車を止め降りようとした際に、当日降った雨で地面やタイヤが濡れていたため自転車の後輪が滑り、そのままバランスを崩して左側に自転車ごと転倒し左足を負傷した。その後は病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから1083日目に東京都で発生した労災)

岡山県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

左ひざ

【労災発生状況】

平成29年8月30日午後1時20分頃、住宅にて改修工事として壁のボード貼りを行っていたところ、右手にインパクトドライバーを持ったまま3尺脚立(高さ約90cm、全3段)を登ろうとした際に、一段目(高さ約30cm)に左足をかけたが踏み外し、そのままバランスを崩して前方方向に倒れてしまい、左ひざをフローリングの床に強打して負傷した。その後は仕事を切り上げ、病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから394日目に岡山県で発生した労災)

愛知県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

揚重工事

【負傷部位】

右手

【労災発生状況】

平成29年8月29日午後5時30分頃、店舗改装工事にて、店内に食器ケースを搬入、据付けていたところ、台車(荷台の大きさ約100×40cm、鉄製)に乗った食品ケース(大きさ約300×200×200cm、重さ約100kg)を同業者と2人で台車から降ろす為、同業者がてこの原理で食品ケースを持ち上げている間に台車を抜こうとした際に、持ち上げるのに使用していたスコップがずれて30cm程の高さから食品ケースが落ち、食品ケースの鉄の部分と台車に右手親指を挟み負傷した。その後は仕事を切り上げて病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから312日目に愛知県で発生した労災)

埼玉県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

クロス工事

【負傷部位】

左手の平

【労災発生状況】

平成29年8月29日、住宅建設工事現場にて、午前10時30分頃新築クロス工事を終え午前10時55分頃現場を出て帰宅するため車を停車していた駐車場に向かって歩いていたところ、午前11時頃小学校前交差点付近にて小石につまずいて左側から前に転倒し道路に落ちていたガラス(瓶の破片のようなもの、約5~6㎝角)の上に勢いよく手を着いたため左手の平を負傷した。その後すぐに病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから329日目に埼玉県で発生した労災)

宮城県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

内装仕上工事

【負傷部位】

右腕

【労災発生状況】

平成29年8月29日午後2時30分頃、事業所6階エレベーターシャフト内にてボード貼りを行っていたところ、足場上で立った状態でボードのビス打ち作業を行っていた際に。約5M上から他の作業員が落とした石膏ボード(大きさ約800×800×12mm重さ約8kg)が降ってきて右腕に当たり、右腕を負傷した。その後は仕事を切り上げて病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから21日目に宮城県で発生した労災)

愛知県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

型枠解体工事

【負傷部位】

熱中症

【労災発生状況】

平成29年8月29日午後2時30分頃、マンション新築工事において、午前7時20分に現場に到着し、Tシャツに長袖の空調服、長ズボン、地下足袋、ヘルメットを着用の上、午前8時15分より湿度、気温の高い密閉されたピット(広さ約5×5×1.5M)内で型枠解体工事を行っていた。途中30分から1時間おきにスポーツドリンクにより水分補給を行った他、12時より1時間昼食のため休憩を取っていたが、午後2時30分頃より気分が悪くなり、あわててスポーツドリンクを飲んだが吐き気と体全体に痺れを感じ熱中症を発症した。その後は仕事を切り上げ病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから112日目に愛知県で発生した労災)

東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

防水工事

【負傷部位】

首及び腰

【労災発生状況】

平成29年8月28日、改修防水工事にあたり、午前6時30分頃車で自宅を出て午前6時50分頃元請けに到着、現認者が運転する車に乗り換え後部座席に座って午前7時頃出発し現場に向かって都道を走行し、午前7時8分頃都道との交差点にて赤信号で停車していたところ後方から相手車に追突されたため首及び腰を負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから203日目に東京都で発生した労災)

千葉県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

衛生設備工事

【負傷部位】

右腕

【労災発生状況】

平成29年8月26日午前9時から、漏水工事に従事し、午前12時30分に仕事が終了し、車で帰宅途中、午後2時55分頃路上を走行中、カーブの手前で対向車がカーブミラーに見え、ぶつかりそうになったので一旦停止し車から降りて注意したところ口論となったがその時相手の車が急発進し右腕にぶつかり負傷した。その後すぐに病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから148日目に千葉県で発生した労災)

奈良県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

空調設備工事

【負傷部位】

右手

【労災発生状況】

平成29年8月26日午後4時30分頃、空調入替工事を行っていたところ、6尺脚立の上から3段目に乗って天井(高さ約2.5M)の開口部に空調機械を取り付けようと両手を伸ばして作業していた際に、右手が天井開口部の縁(鉄製の薄いもの)に接触してしまい、右手の甲を負傷した。その後はそれで仕事が終わりだったためそのまま病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから86日目に奈良県で発生した労災)

岐阜県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

現場管理(施工補助あり)

【負傷部位】

両足

【労災発生状況】

平成29年8月26日午後5時40分頃、新築工事にて現場監督の施工補助として外壁塗装を行っていたところ、足場(広さ約40×300cm、高さ約180cm)上でしゃがんだ体勢でペンキを塗っていた際に、不意にバランスを崩してしまい危険を感じたため地面に向かって飛び降り、コンクリートの地面に両足から着地して両足を負傷した。その後は仕事を切り上げて病院にて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから1051日目に岐阜県で発生した労災)