北海道 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

熱絶縁工事

【負傷部位】

右胸肋骨骨折及び左肘じん帯損傷

【労災発生状況】

平成28年12月5日、午前8時から球形タンク外装材取り替え工事に従事していた。午前10時頃、地上から約8m上の足場で板金材の取り付け作業をしていたが、前日の雨で足場が濡れていたため誤って足を滑らせて、約3.5m下の足場の上に転落し、全身を強打した。その後すぐに病院で受診したところ、右の肋骨骨折及び左肘じん帯損傷と診断された。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから18日目に福岡県で発生した労災)

岡山県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

熱絶縁工事

【負傷部位】

右胸肋骨骨折及び左肘じん帯損傷

【労災発生状況】

平成28年12月5日、午前8時から球形タンク外装材取り替え工事に従事していた。午前10時頃、地上から約8m上の足場で板金材の取り付け作業をしていたが、前日の雨で足場が濡れていたため誤って足を滑らせて、約3.5m下の足場の上に転落し、全身を強打した。その後すぐに病院で受診したところ、右の肋骨骨折及び左肘じん帯損傷と診断された。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから19日目に岡山県で発生した労災)

東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

外壁・サイディング工事

【負傷部位】

右手の平の親指下方から薬指の先

【労災発生状況】

平成28年12月5日午後2時20分頃、新築アパート現場にて、足場上で東面の外壁の下地を打つ作業中、コンプレッサーからピストル型の釘打ち機(長さ約30㎝、重さ約2㎏)につながっているホースが給湯器の管に絡まったため、右手で釘打ち機を持って回しながらホースの絡まりをほどいていたところ、釘打ち機の先端が右手の親指に当たった拍子に人差し指で軽くさわっていたトリガーを引いてしまい、右手の平の親指下方から薬指の先まで貫通するように釘(長さ5㎝、直径約1㎝)を打ちこんで負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから585日目に東京都で発生した労災)

群馬県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

型枠大工工事

【負傷部位】

左手薬指

【労災発生状況】

平成28年12月5日午前9時頃、工場にて、病院の躯体工事に使用する取付枠作成作業中、右手に充電丸のこを持ち、左手でサン木を押さえて切断していたところ、誤って充電丸のこの刃(長さ16㎝)が左手に接触し左手薬指を負傷した。当日は仕事を中断して病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから219日目に群馬県で発生した労災)

北海道 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

防水工事

【負傷部位】

胸部・腹部の圧迫

【労災発生状況】

平成28年12月5日午前9時から新築工事に従事していた。午前11時頃高所作業車による換気フードの取り付け作業を終え、作業車のアウトリガを格納しようと上昇させた時、作業車が後ろ方向に動き出し、その後方に停車中の車に追突、車と車の間に体を挟まれた。すぐに救急車で病院に搬送されたが死亡した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから249日目に北海道で発生した労災)

京都府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

右足首、右足かかと、右手首

【労災発生状況】

平成28年12月2日午後3時30分頃、住宅新築工事現場の建て方作業中、1階の屋根(高さ約3m)に上りクレーン車で吊り上げた部材を受け取っていたところ、不安定に置かれていた木材に乗ってしまったためバランスを崩し1階の木の床に飛び降りるようにして落下、右足に体重がかかった状態で着地した後右手を床に着いて右足首、右足かかと、右手首を負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから1732日目に京都府で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

電気工事

【負傷部位】

首、背中、腰

【労災発生状況】

平成28年12月2日、太陽光工事を終え、午後5時頃に現場を同業者の運転する車で出発し解散場所に向かった。午後6時45分頃、第二京阪道路を門真方面に走行していたところ、路上にて渋滞のため停車していた際に、後方より自動車に追突され、首、背中、腰を負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから246日目に大阪府で発生した労災)

福井県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

左手人差し指

【労災発生状況】

平成28年12月1日午後5時30分頃、店舗軒天井改修工事の際、3尺脚立の天板に上って天井貼り作業をした後、片手に充電工具を持ち脚立を下りようとした時、腰に巻いた釘袋に付けてあったコンベックスのひも(約20㎝)が脚立の角に引っかかった為バランスを崩して高さ約70㎝から脚立ごと転倒し、左手をアスファルト地面に強打して左手人差し指を負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから147日目に福井県で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

機械器具設置工事

【負傷部位】

左足内もも

【労災発生状況】

平成28年11月30日午後3時30分頃、現場から出た資材を倉庫に持ち込み、あとかたづけ作業を行なっていた。その時、道具入れのパレットを左足で跨いだ際に道具のドリル部分でズボンを引っかけ、ズボンが破れ左足内股を負傷した。その後仕事が終わったあとに病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから632日目に大阪府で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

左官工事

【負傷部位】

両足かかと・骨折

【労災発生状況】

平成28年11月29日、小学校整備工事に従事していた。午後1時40分頃、重ね足場の上で梁モルタル塗り作業を終えて足場を移動する際に、重ねてあった足場が少し傾きバランスを崩し、約1.2m下の地面に足から落下し、かかとを強打した。その後すぐに病院で受診したところ、両足かかとの骨折と診断された。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから280日目に大阪府で発生した労災)