埼玉県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

電気工事 錠前取付工事

【負傷部位

右肩

【労災発生状況】

平成27年6月27日午前8時30分頃からマンションの電源移設及び照明器具取り付け工事に従事していた。午後0時30分頃、工事で使用する工具類を現場に運んでいたところ、雨水で濡れていた共有部階段で足元が滑り転落した。咄嗟に右手を床についた際に右肩に激痛を感じて負傷した。事故当日は最後まで仕事をして様子をみていたが暫く経っても腕を上げる事ができないため、6月29日病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから51日目に埼玉県で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

建築工事、屋根工事、防水工事、塗装工事

【負傷部位】

【労災発生状況】

平成27年6月22日午前9時30分頃から建物の防水工事に従事していた。午前10時3分頃、内装の止水工事中に脚立上で足を滑らせバランスを崩して転倒した。その際、腰を強打して負傷した。事故当日は仕事を切り上げて自宅に送ってもらったが、痛みで動けなかった為、6月25日に病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから660日目に大阪府で発生した労災)

神奈川県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

内装仕上工事

【負傷部位】

【労災発生状況】

平成27年6月22日、事務所改修工事に従事していた。午後4時30分頃、天井板の張替え作業を行っていたが、その作業中脚立の段を踏み外し、よろけて柱に左肩と背中をぶつけた際に首を負傷した。その日は仕事を続けたが、翌日になっても痛みが取れない為病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから21日目に神奈川県で発生した労災)

茨城県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

塗装工事

【負傷部位】

右足首

【労災発生状況】

平成27年6月17日から住宅塗装工事に従事していた。足元が安定しない、かなりきつい勾配の屋根の上で、塗装の準備作業や塗料が入った手さげ缶を持ちながら、ローラーでシーラーによる屋根の中塗り塗装を、足を踏ん張りながら連日8時間程度行っていた。6月20日頃から徐々に右足首が痛みとともに腫れだした為、冷シップを貼りながら施工を続けていたが、6月24日朝、歩けない程に腫れと痛みが強くなった為病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから346日目に茨城県で発生した労災)

愛知県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

外構エクステリア工事

【負傷部位】

右足首

【労災発生状況】

平成27年6月20日午前9時頃から住宅新築工事の外構工事に従事していた。午後4時30分頃、U字溝の蓋のずれを調整しようとしたところ、足を滑らせて右足がU字溝内に落ちてしまった。その際、右足首をひねって負傷した。事故当日は最後まで仕事をし、暫く様子を見ていたが腫れが酷くなったので6月22日に病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから8日目に愛知県で発生した労災)

兵庫県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工

【負傷部位】

右手首

【労災発生状況】

平成27年6月19日、店舗工事に従事していた。午後5時頃、外壁のALCとガラスサッシの解体工事を行っていた時、ガラスサッシからガラスを取り外そうとする際にガラスが割れ、割れたガラスで右手の手首を負傷してしまったので仕事をきりあげて病院で治療を受けた。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから1716日目に兵庫県で発生した労災)

北海道 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

建設工事

【負傷部位】

両腕の火傷

【労災発生状況】

平成27年6月19日、工場の内部ダクト解体撤去工事に従事していた。午後1時10分頃、ダクト部解体作業時に切断の際発生する火の粉が近くにあった塗料に引火した。消火するために水を撒いていた時、火が強かったので両腕を火傷し、仕事をきりあげて病院で治療を受けた。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから60日目に北海道で発生した労災)

愛知県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

仮設工事

【負傷部位】

右手人指し指

【労災発生状況】

平成27年6月18日、午前8時より住宅新築工事に従事していた。午後1時15分頃、フェンスを固定するための杭をハンマーで打つ作業を行っていたが、ハンマーを振り下ろした際に誤ってハンマーと杭の間に右手人差し指が挟まり負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから291日目に愛知県で発生した労災)

東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

造園工事

【負傷部位】

右手首

【労災発生状況】

平成27年6月17日午前8時30分頃から広場剪定工事に従事していた。午後1時頃、生垣の剪定作業の為、脚立に上った際に大雨が降ってきた為、足元が滑り脚立から転落した(高さ約1.5m)。その際地面で右手を強打し手首を骨折した。事故当日は最後まで仕事をして病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから343日目に東京都で発生した労災)

新潟県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

内装工事

【負傷部位】

左手人差し指

【労災発生状況】

平成27年6月17日、午前8時より賃貸住宅のクロス・クッションフロア貼り替え工事に従事していた。午前9時30分頃、クッションフロアーの上から左手を定規にあててクッションフロアーをカッターで裁断していたが、誤って定規の上からカッターを引いてしまい左手人差し指を負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから70日目に新潟県で発生した労災)