大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

防水工事

【負傷部位】

右手首

【労災発生状況】

平成27年12月11日午後4時頃、一戸建新築現場の防水工事において、ベランダのコーキング作業の際、養生のため脚立(5段脚立の下から3段目、高さ約1m20㎝)に乗って外壁にテープを貼っていたところ、脚立がすべって動いたことによりバランスを崩して落下し、右手首をコンクリートのベランダ床に強打して負傷した。当日は仕事を中断して病院に行き受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから1350日目に大阪府で発生した労災)

東京都 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

右目

【労災発生状況】

平成27年12月9日、アパートの新築工事に従事していた。午後5時30分頃、ワイヤー連結式の釘打ち機を使用して壁材を固定していたところ、釘を連結していたワイヤーが切れ、切れたワイヤーが右目の白目部分に刺さってしまい負傷した。事故当日は仕事を切り上げて救急で受診し、手術を受けて入院した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから246日目に東京都で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

右肋骨

【労災発生状況】

平成27年12月8日、午前8時より住宅改装工事に従事していた。午前10時30分頃、床下でキッチンの排水管の移動作業を電動ドライバーを使って行っていたが、その際に大引を支える束の根がらみに、体重をのせて作業をしていたところ、右肋骨下あたりに痛みを感じ負傷した。その後も痛みがおさまらないので、12月10日病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから942日目に大阪府で発生した労災)

埼玉県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

内装仕上工事

【負傷部位】

左手

【労災発生状況】

平成27年12月7日、午前8時30分より保育園新築工事に従事していた。午前11時40分頃、脚立にのり、天井ボードの開口作業を行っていた。その際、定規にカッターをあてボードを切っていたが、誤ってカッターの刃が滑り、定規を押さえていた左手を切り、負傷した。その後仕事は切り上げ病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから32日目に埼玉県で発生した労災)

山形県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

建築工事

【負傷部位】

左手親指切断

【労災発生状況】

平成27年12月5日午前7時45分頃、自宅作業場内にてアパートの改修工事の準備の為、万能木工機の丸ノコ昇降盤で巾木の加工を行っていたところ、切断中の材料がはねてしまい左手に当った。その際、左手の親指が回転中の丸ノコに接触し、左手親指を切断して負傷した。事故当日は仕事を切り上げて病院で受診し入院した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから240日目に山形県で発生した労災)

富山県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

左前腕切創、左橈骨動脈断裂

【労災発生状況】

平成27年12月4日、アパート新築工事に従事していた。午後4時10分頃、床工事で使用するフローリング材の防振ゴムクッションをカッターナイフで除去していたところ、カッター刃に力が掛かりすぎて手元が滑り、誤って左腕を切って負傷した。事故当日は仕事を切り上げて救急車で搬送され病院に入院し手術を受けた。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから78日目に富山県で発生した労災)

京都府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

内装仕上工事

【負傷部位】

左大腿骨転子下骨折

【労災発生状況】

平成27年12月2日、午後4時57分頃、天井ボード工事で出たダンボールのゴミを2階から1階へ階段を下りて運んでいた最中に停電となり、誤って階段から足をふみはずし横向きになって7段くらい下の地面まで転げ落ち、負傷した。その後仕事は切り上げ病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから93日目に京都府で発生した労災)

愛知県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

機械器具設置工事

【負傷部位】

右足

【労災発生状況】

平成27年11月30日午前11時頃、製鐵所工場の天井クレーン補修工事の現場にて作業終了後の道具・工具類のトラックへの積込作業中、トラック荷台から飛び降りた際に誤って右足首を捻り捻挫して負傷した。事故当日は仕事を最後までして病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから609日目に愛知県で発生した労災)

愛知県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

看板取付工事

【負傷部位】

肋骨

【労災発生状況】

平成27年11月30日午後5時30分頃、店内の看板取付作業中、ボンドがなくなったため駐車場に停めてある車まで取りに行く際、道路を歩いていたところ暗かったので花壇があることに気づかず花壇のブロック(高さ約10cm)につまずき、その先にあった側溝(幅約1m、深さ約1.2m)に落下、脇腹をアスファルトの側溝の角に強打して肋骨を負傷した。当日は仕事を中断して現場近くの病院で受診し、翌日自宅近くの病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから91日目に愛知県で発生した労災)

長崎県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

配管工事

【負傷部位】

左足の裏

【労災発生状況】

平成27年11月25日午後3時頃、水道管布設替工事における基面整正作業中、道路上で後ろ向きに進みながら水道管設置予定場所の泥をスコップでならしていたところ、破損したコンクリートのヒューム管の中から突き出ていた針金(直径約3㎜、長さ約4cm)に気づかず左足で踏んでしまい左足の裏を負傷した。当日は作業終了まで手伝い、痛みが増したため翌日11月26日受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから117日目に長崎県で発生した労災)