福岡県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

建築工事

【負傷部位】

背中と腰を打撲

【労災発生状況】

平成26年10月10日午前8時頃からマンションの内装工事に従事していた。午後0時30分頃、耐火遮音間仕切の設置作業中、請求者の後方に立掛けてあった石膏ボード約20枚が倒れてきた。その際下敷きになって背中と腰を強打して負傷した。事故当日は仕事を切上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから1259日目に福岡県で発生した労災)

兵庫県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

右目

【労災発生状況】

平成26年10月10日午前8時頃から住宅新築工事に従事していた。午後3時頃、上を向いた姿勢で天井の板の貼付作業をしていたところ、天井部材の木の破片が落ちてきて右目の黒目部分に刺さって負傷した。事故当日は仕事を切上げて受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから617日目に兵庫県で発生した労災)

福岡県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

電気工事

【負傷部位】

左肩脱臼

【労災発生状況】

平成26年10月4日、保育園建替工事に従事していた。午前8時30分頃、弱電配線用の波付硬質ポリエチレン管を地下ピット内に抑え込む為、現場内を移動していた。作業場所に近づく為、埋戻し後の地中梁を乗り越えようとしたところ、地中梁につまづいてしまい、向こう側の深さ50cm程の地下ピット内に倒れこむように転落しそうになった。咄嗟に右手で近くの柱を掴んで体を支えようとしたが、体重が右手に掛ってしまい右肩を脱臼して負傷した。事故当日は仕事を切上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから461日目に福岡県で発生した労災)

富山県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

板金工事

【負傷部位】

右手小指

【労災発生状況】

平成26年10月5日午前8時30分頃から一般住宅外壁補修工事に従事していた。午前10時30分頃、一旦貼った板金の外壁を調整の為取り外した。その際誤って板金の端で右手小指の付け根付近を切ってしまい負傷した。事故当日は仕事を切上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから136日目に富山県で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

背中、肩

【労災発生状況】

平成26年10月2日午前8時頃から般住宅の新築工事に従事していた。まだ階段ができていなかった為、2階の施工箇所に1階から梯子を使って道具や部材を上げていたところ、梯子から足を踏み外して転落した。その際地面で背中と腰を強打して負傷した。事故当日は仕事を切上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから216日目に大阪府で発生した労災)

埼玉県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

水道工事

【負傷部位】

左手人差し指、中指

【労災発生状況】

平成26年9月30日午前8時30分頃から個人住宅トイレ改修工事に従事していた。午後1時30分頃、床下地材の加工作業中に丸鋸が板材に引っ掛かってしまい、鋸刃が左手の人差し指と中指に触れて負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから29日目に埼玉県で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

右足

【労災発生状況】

平成26年9月20日午前8時頃から住宅リフォーム工事の現場に従事していた。午後5時頃、建物と敷地境界のフェンスの間(約50cm程度の隙間)で脚立に登り外壁の解体作業をしていたところバランスを崩し、フェンスを超えて約2m下の敷地外の用水路に転落した。その際右足踵を強打して負傷した。事故当日は仕事を切上げて病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから1307日目に大阪府で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

エクステリア工事

【負傷部位】

前頭部、骨盤

【労災発生状況】

平成26年9月19日午前9時頃から住宅のリフォーム工事の現場に従事していた。ベランダの手摺及び笠木の撤去後のアルミ製の手摺と笠木の取付の為、午後1時45分頃、梯子を登って材料を施工箇所に運び込もうとしたところ、足を踏み外して約5m下の地面に転落した。その際、前頭部と骨盤を強打して負傷した。事故当日は仕事を切上げて病院で受診し入院した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから384日目に大阪府で発生した労災)

愛知県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

美装工事

【負傷部位】

左手中指

【労災発生状況】

平成26年9月19日午前8時頃から退去後のマンション居室修繕工事においてクロスのジョイント作業や水回りのコーキング作業等に従事していた。午前9時頃、浴室排水口の鉄わんを取外そうとしたところ、鉄わんの金具が左手中指に刺さり負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから954日目に愛知県で発生した労災)

福岡県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

左足

【労災発生状況】

平成26年9月15日午前8時頃から住宅新築工事に従事していた。上棟作業の為クレーンで吊られた材木を両手で持ち、1階基礎の上に敷かれたコンパネの上を誘導しながら移動していたところ、コンパネの隙間に左足を踏み外してしまった。その際、左足足首からひざ上まで裂傷を負ってしまった。事故当日は最後まで仕事をして翌9月16日に病院で受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから802日目に福岡県で発生した労災)