大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

防水工事

【負傷部位】

左足首

【労災発生状況】

平成25年11月9日午前8時30分頃から住宅ベランダおよび玄関庇防水工事で作業していた。午後5時30分頃、玄関の庇をFRP防水加工作業中、脚立から降りようとしたところ、脚立の脚の1本が玄関ポーチの段差から外れてしまい、バランスを崩してしまった。脚立の1m位の高さから飛び降りたが、左足から地面に着地した際に負荷がかかり左足首を負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから128日目に大阪府で発生した労災)

兵庫県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

電気工事

【負傷部位】

【労災発生状況】

平成25年11月7日午前9時頃から工場施設保全工事で作業していた。午前10時頃、高さ約3mのパイプスタンド上の電気配管を別の作業員と2名で撤去する作業をしていた。本人が梯子の途中にいる時、サドルから外れた厚鋼パイプG42(長さ3.6m位 重さ5~10kg位)がスタンドから転がり落ちてきて本人のヘルメットの上に落ち、負傷した(落差約50cm)。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから677日目に兵庫県で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

右足首

【労災発生状況】

平成25年11月5日午前8時頃から個人宅のリフォーム工事に従事していた。午前10時頃、現場で発生したゴミを屋内から出そうと玄関の上り框(高さ約30cm)から框の前に設置してあった踏み台(高さ約15cm、踏み面幅約70cm×奥行き約30cm)に下りようとしたところ、踏み台から足を踏み外して転倒した。その際右足首をひねって負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから243日目に大阪府で発生した労災)

福岡県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

電気工事

【負傷部位】

右肩

【労災発生状況】

平成25年11月1日午前8時30分頃からレーダー設備改修工事の作業をしていた。午前10時30分頃、工事で設置する通信機器の収納用ラック(1.9m×0.6m×0.6m程度)の木枠梱包を解体していた。右手に持っていた木枠(長さ約1.9m)が突然割れてしまい、割れた際の反動による衝撃で右肩を負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから124日目に福岡県で発生した労災)

愛知県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

内装仕上工事

【負傷部位】

左脚

【労災発生状況】

平成25年10月31日午前9時頃からマンション改装工事の現場に従事していた。午前11時頃、巾木の加工中にカッターナイフの替刃を交換して作業の続きをしようとしゃがんだところ、カッターナイフを左脚に押し当てる格好になり、ひざの上を切り負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから566日目に愛知県で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

左手小指

【労災発生状況】

平成25年10月22日午前9時頃から住宅新築工事に従事していた。午後2時頃、床面に合板を貼る作業中をしていたところ、合板に添えていた左手小指を誤って掛矢で叩き負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから579日目に大阪府で発生した労災)

福岡県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

右胸部

【労災発生状況】

平成25年10月15日午前8時頃からリフォーム工事の現場に入っていた。午前11時頃、玄関上のひさし(高さ2m50cm~3m位)に登って解体作業をしていたところ、足元が滑りひさしから足を踏み外して建物脇に組んであった鋼管パイプの足場に転落した。その際に足元のひさしから50cm程下の足場に右わき腹を強打し負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから21日目に福岡県で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

 

【職種】

塗装工事

【負傷部位】

右腰および下半身全般

【労災発生状況】

平成25年10月11日午前8時頃から住宅の老朽化した外壁のひび割れ修繕工事に従事していた。午前10時40分頃、外壁塗装作業中にカーポート天井を汚さない為にビニール養生をしていたところ、高さ約120cmの脚立の上段から転落し、右腰および下半身全般を地面に強打して負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから862日目に大阪府で発生した労災)

343日目に大阪府で発生した労災)

愛知県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工

【負傷部位】

右手首

【労災発生状況】

平成25年10月8日午前8時頃から新築工事の現場で作業をしていた。午後3時30分頃、脚立(高さ約150cm)の2段目(高さ約90cm)で金物にビス打ち作業をしていたところ、体が不安定になり転落した。その際、床面で左手を強打し、右手首を負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから1286日目に愛知県で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

看板工事

【負傷部位】

左膝

【労災発生状況】

平成25年10月4日午前7時頃からショッピングモール看板改修工事に従事していた。午前7時30分頃、資材を運んだ車両からカラーコーン等の資材を抱え、かねてから負傷していた右足を庇いながら現場まで運んでいた。その際に敷地内の植え込みの段差(高さ約10cm)に左足がつまづきバランスを崩したが転ぶまいと踏ん張ったところ、左膝に激痛を感じて負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから205日目に大阪府で発生した労災)