宮城県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

2016.5.2

【職種】

大工工事

【負傷部位】

右足踵骨折

【労災発生状況】

平成27年10月15日午前8時頃から住宅新築工事に従事していた。午後6時30分頃、2階部分の施工後1階に梯子を使用して降りる際に下から3段目付近で電気のリード線を左手でよけようとしたところ、バランスを崩して転落した。その際、梯子の下端を固定していた角材の角に右足を強打して骨折して負傷した。事故当日は最後まで仕事をして自宅で様子を見ていたが痛みが酷く翌日病院で受診し入院した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから329日目に宮城県で発生した労災)

一人親方労災保険組合の労災保険特別加入手続き対象地域

北海道北海道、青森
東北宮城、岩手、秋田、山形、福島
関東東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、静岡、山梨
中部長野、新潟、富山、岐阜、愛知
北陸石川、福井
関西大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀、三重、鳥取、岡山
中国広島、山口、島根
四国愛媛、徳島、香川、高知
九州福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島
沖縄沖縄