大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

2020.2.4

【職種】
 サイン工事
【負傷部位】
 右手
【労災発生状況】
 平成30年5月23日午後2時頃、公園看板撤去工事現場内で鉄骨看板の柱を切断するために使う電動工具のセーバーソー(全長約500mm・重さ約3kg)を左手でグリップ部分を持ち運んでいる際に、雨で手を滑らせたためセーバーソーを両手で掴んだところ、刃を装着するブレードクランプと、刃の長さを調整するプロテクトシューとの間に右手の軍手が引っ掛かり、左手で誤ってスイッチを握ってしまったことで刃が動き、ブレードクランプとプロテクトシューとの間で右手薬指が挟まれ負傷した。その後痛みをこらえながら作業を終え、病院で受診した。
(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから9日目に大阪府で発生した労災)

一人親方労災保険組合の労災保険特別加入手続き対象地域

北海道北海道、青森
東北宮城、岩手、秋田、山形、福島
関東東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、静岡、山梨
中部長野、新潟、富山、岐阜、愛知
北陸石川、福井
関西大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀、三重、鳥取、岡山
中国広島、山口、島根
四国愛媛、徳島、香川、高知
九州福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島
沖縄沖縄