宮城県 【一人親方の労災保険特別加入】

2022.1.8

【職種】
大工工事
【負傷部位】
熱中症
【労災発生状況】
令和2年9月7日午前8時より住宅新築工事にて地上3m上で建て方作業に従事していた。午前10時頃から足の痙攣、耳鳴り、めまい等の体調の異変を感じ始めてきて、午前12時頃作業をやめて救急車で病院に運ばれた。被災当日の服装は、上着は半袖1枚、作業用ニッカズボン、地下足袋、ヘルメットを着用していた。作業現場は野外で気温34度だったが体感温度は37度以上に感じた。当日の水分補給は30分間隔でとっていた。
(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから189日目に宮城県で発生した労災)

一人親方労災保険組合の労災保険特別加入手続き対象地域

北海道北海道、青森
東北宮城、岩手、秋田、山形、福島
関東東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、静岡、山梨
中部長野、新潟、富山、岐阜、愛知
北陸石川、福井
関西大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀、三重、鳥取、岡山
中国広島、山口、島根
四国愛媛、徳島、香川、高知
九州福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島
沖縄沖縄