令和3年11月26日/千葉県

2022.9.22

【職種】
大工工事
【負傷部位】
左手
【労災発生状況】
令和3年11月26日午後1時30分頃、住宅新築工事の現場にて、天井に垂木を取り付ける作業をするために脚立(地面からの高さ約90cm)の上に跨って乗って作業をしていたところ、上を向いた状態で右手にくぎ打ち機を持って、左手で作業場所を抑えながら作業を続けていた際、節目の安定しにくい場所に釘打ち機を発射した時に釘打ち機がずれてしまい、誤って近くを抑えていた左手(手袋、グローブなどは着用していなかった)を打ち抜いて左手を負傷した。その後は仕事を切り上げて、当日病院にて受診した。
(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから361日目に千葉県で発生した労災)

一人親方労災保険組合の労災保険特別加入手続き対象地域

北海道北海道、青森
東北宮城、岩手、秋田、山形、福島
関東東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、静岡、山梨
中部長野、新潟、富山、岐阜、愛知
北陸石川、福井
関西大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀、三重、鳥取、岡山
中国広島、山口、島根
四国愛媛、徳島、香川、高知
九州福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島
沖縄沖縄