令和4年3月5日/福岡県

2022.11.28

【職種】
大工工事
【負傷部位】
全身
【労災発生状況】
令和4年3月5日、商業物件の型枠解体工事の現場作業を終えて一旦元請の資材置き場に戻り片付けなどを行った後、午後6時40分頃に車に乗って自宅に出発した。午後7時00分頃、地面はアスファルトだったが砂利まみれで滑りやすくなっていたためか、車がスリップしてバランスを崩して車ごと横転して一回転して、その衝撃で全身を負傷した。その後は頭が真っ白になったものの何とか自宅に帰り、湿布などで様子を見たが痛みが引かず、令和4年3月6日に病院にて受診した。
(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから136日目に福岡県で発生した労災)

※労災申請事例は、給付申請の内容を掲載しており、当該事例において労災認定を保証するものではありません。

一人親方労災保険組合の労災保険特別加入手続き対象地域

北海道北海道、青森
東北宮城、岩手、秋田、山形、福島
関東東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、静岡、山梨
中部長野、新潟、富山、岐阜、愛知
北陸石川、福井
関西大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀、三重、鳥取、岡山
中国広島、山口、島根
四国愛媛、徳島、香川、高知
九州福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島
沖縄沖縄