福岡県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

2021.1.8

【職種】
 土木工事
【負傷部位】
 熱中症
【労災発生状況】
 令和元年8月1日、発電所造成工事現場にて、午前8時頃現場に到着し午前8時30分頃から伐採に伴う発生材(木材)をフォワーダ(集材車輌)を用いて運搬する作業に従事していた(メッシュのTシャツ、半そでポロシャツ、薄手の綿素材長ズボン、安全靴、ヘルメット着用)。午前12時から午後1時までの昼休憩の他に1時間おきに15分の休憩をとりスポーツドリンクを飲んで水分を補給していたが、炎天下で体感温度は約40度あり、午前10時頃吐き気がして、午前11時頃軽いめまいを感じ、午後2時頃両手両足がつり始め午後4時には全身がつって歩行困難になったため車内でエアコンの冷気にあたり休憩していた。午後5時頃同業者が運転する車に乗り現場を出て午後6時30分頃自宅に到着した後車から出てすぐに自宅前で倒れ立ち上がることができなくなったため救急搬送され病院で受診し熱中症と診断されて入院した。
(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから174日目に福岡県で発生した労災)

一人親方労災保険組合の労災保険特別加入手続き対象地域

北海道北海道、青森
東北宮城、岩手、秋田、山形、福島
関東東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、静岡、山梨
中部長野、新潟、富山、岐阜、愛知
北陸石川、福井
関西大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀、三重、鳥取、岡山
中国広島、山口、島根
四国愛媛、徳島、香川、高知
九州福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島
沖縄沖縄