三重県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

配管工事

【負傷部位】

右足関節内果骨折、左膝打撲、腰、肩、右膝

【労災発生状況】

平成25年5月21日午前8時より、工場内にて後日使う予定の配管内作(SGP 10B 11m)をしていた。午後2時30分頃、しゃがんで加工図面を見ていた所、隣にあった高さ約60cmの管台に乗せていたパイプの歯止めがグラグラして外れかけていた為、400kgほどの配管がそのまま被災者に転がり落ちてきて、負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから931日目に三重県で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

右踝骨折

【労災発生状況】

平成25年5月21日午前8時より、一戸建て新築工事をしていた。午前11時30分頃、ガレージの天井下地作業中、上を向いて作業をしていた為に足場(高さ約1.2m)を踏み外してしまい落下し、右足の踝を負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから180日目に大阪府で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

内装仕上工事

【負傷部位】

右手甲

【労災発生状況】

平成25年5月12日、電波室新築工事をしていた。午前11時頃、鉄骨加工作業(鉄骨の下部に穴をあける作業)をしていたが、穴を広げる為に電動ドリルを使用していたところ、キリ先が引っ掛かりドリル本体が回転してしまった。その際回転に手をまきこまれ負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから316日目に大阪府で発生した労災)

長野県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

型枠コンクリート工事

【負傷部位】

背中左側

【労災発生状況】

平成25年5月10日、ベニヤ板を台ノコでひき割り作業をしていた。午前11時頃、ベニヤが積んである場所からベニヤ板(約1.5m×0.6m)を2枚、台ノコの場所まで運ぼうとする際、狭い道(幅1mくらい)を通る必要があり、後ろ向きで足早に運んでいたところ、その脇に積んであった九尺サポート(高さ2mくらい)の角に背中(左肩甲骨あたり)をぶつけ負傷した。しばらく様子を見たが痛みがひかず、5/13に受診した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから10日目に長野県で発生した労災)

大阪府 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

左手小指

【労災発生状況】

平成25年4月23日、借家の改装作業をしていた。午前9時頃、石膏ボード(厚さ9mm)をカッターナイフで切ろうとしていた所、誤って左手小指を切ってしまった。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから47日目に大阪府で発生した労災)

兵庫県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

とび工事

【負傷部位】

左手甲、右手首

【労災発生状況】

平成25年4月20日、新規太陽光パネル鉄骨下地建方をしていた。午後2時10分頃、間違えて取り付けてしまった鉄骨梁を入れ替える為に梁をレッカーでつり上げた際、梁の一部分(ボルトかエッジ部分)に皮手袋がひっかかってしまい体ごともっていかれてしまった。ぶらさがった状態から耐え切れず高さ2~3mの所より落下してしまい、着地の際に手をついた為、負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから8日目に兵庫県で発生した労災)

愛知県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

美装工事

【負傷部位】

右手人差し指

【労災発生状況】

平成25年4月13日、退去後のクロスのジョイント作業などを行っていた。午後2時頃、キッチンシンクの粘着を取る為にカミソリホルダーで作業をしていたが、力を入れすぎたせいかすべって刃の部分が自分の右手人差し指に刺さってしまい負傷した。※左利きの為、右手を負傷。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから430日目に愛知県で発生した労災)

福岡県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

頭部、右手首

【労災発生状況】

平成25年4月12日、午前8時より新築工事を行っていた。午前8時40分頃、2階フロアー張りの準備の為、階段室にて上段框を取り付けていた所、背中側の壁に立てかけていたベベルボード10枚(1枚あたり厚さ9.5mm、大きさ910㎜×1820㎜、重さ3kg)が背中に倒れ掛かってきた為、頭から1階フロアーへ転落し負傷した(高さ約3m)。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから281日目に福岡県で発生した労災)

兵庫県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

【労災発生状況】

平成25年4月1日、駐車場脇にて土間を打つ為の型枠工事をしようとしていた。午前8時30分頃、作業の邪魔になっていた材木(約10kg)を片付けようと、しゃがみ込んで持ち上げようとした瞬間、腰に痛みを感じ負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから366日目に兵庫県で発生した労災)

岐阜県 【建設業一人親方の労災保険特別加入】

【職種】

大工工事

【負傷部位】

左手親指

【労災発生状況】

平成25年3月15日、新築工事の現場にて作業をしていた。午後1時頃、現場内の駐車場にて車に材料を積み込もうとしていたが、材料(木材)が長かった為積み込めず、その場で充電丸のこを使用し切っていた。その際、木材に丸のこが食い込みうまく切れずにそのまま刃が戻ってきた為、左手の親指を負傷した。

(一人親方労災保険組合で労災保険特別加入してから515日目に岐阜県で発生した労災)