一人親方が仕事がないときにすべきこと6つ! 暇なときこそ積極的に!

一人親方労災保険職務関連・労働環境

更新日 / 2022.9.02

一人親方が仕事がないときにすべきことを徹底解説!

一人親方として働いていると、仕事がないときにはどうすれば良いのか悩む人も多いでしょう。

一人親方は、会社員のように自動的に仕事が入ってくるわけではありません。ただ依頼を待つだけでは、いつまでも仕事がない状態が続いてしまう可能性があります。暇をもてあましていると、不安が募るだけです。

しかし、仕事がないときにすべきことがわかっていれば、戸惑うことなく積極的に動けます。今回は、一人親方が仕事がないときに何をすれば良いのか、具体的な対処法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください

即日発行で月額500円!
保険に悩んでいる人は業界最大手の保険がおすすめ

一人親方ら個人事業主にとって、保険にまつわる悩みは頭の痛い問題。

「費用をとにかく安くすませたい」
「明日の現場で証明書が必要で、間に合わせたい」
「信頼と実績のある保険を無難に選びたい」

そんな保険にまつわる悩みを解決するのが、全国9万人が加入する「一人親方労災保険組合」の労災保険です。

まずは資料を見て、業界一の安さや即日発行などのメリットを確かめてみてください。

一人親方が仕事がないときにはどうする? 対処法6つ

仕事がないときにはどうする?対処法6つ

一人親方で仕事がないときでも、積極的に動けば新たな道が開けることもあります。じっとしているだけでは解決になりません。具体的にすべきことを6つ挙げて解説します。

①求人案件に応募する

仕事がなくて悩んだときは、次のような求人案件を見つけて応募すると良いでしょう

  • 建設会社の求人情報
  • 大手の転職サイトの求人情報
  • ハローワークの求人情報

それぞれの求人情報の特徴をくわしく説明します。

建設会社のサイトで求人情報を探す

インターネットで建設会社のサイトを訪れて、求人情報を探してみてください

建設会社のサイトでは、職人募集・作業員募集をおこなっていることがあります。募集内容を確認し、条件に合うようなら応募してみましょう。仕事を早く見つけたいときには、複数の会社に応募すると効率的です。

近場での募集がなくても、範囲を広げれば求人情報がみつかることもあります。現場に通うのに支障がない程度に検索の対象地域を広げ、求人情報を見逃さないようにしましょう。

大手の転職サイトで求人情報を探す

大手の転職サイトを検索し、求人情報を探すのも良い方法です。建設業専門の求人サイトでなくても、建設作業員・解体作業員というように、職種に合わせた求人情報を探せます。

さらに、転職サイトのなかにはアドバイザーがついてくれるところもあり、転職にまつわるさまざまな相談ができるのもメリットです

ハローワークで求人情報を探す

ハローワークに登録して、仕事を探すのもおすすめです。ハローワークは国の機関だけあり、出張所を含めると全国に拠点があります。そのため、幅広い地域で地元密着の求人案件を探せるのがメリットです。

また、ハローワークでは職歴・技術などを踏まえ、担当者と相談しながら求人情報を探せます。さらにスキルを身につけたい場合は、職業訓練や各種セミナーを受けることも可能です。

求人情報の検索だけでなく、スキルアップも視野に入れている人は、最寄りのハローワークに登録してみましょう

即日発行で月額500円!
保険に悩んでいる人は業界最大手の保険がおすすめ

一人親方ら個人事業主にとって、保険にまつわる悩みは頭の痛い問題。

「費用をとにかく安くすませたい」
「明日の現場で証明書が必要で、間に合わせたい」
「信頼と実績のある保険を無難に選びたい」

そんな保険にまつわる悩みを解決するのが、全国9万人が加入する一人親方労災保険組合の労災保険です。

まずは資料を見て、業界一の安さや即日発行などのメリットを確かめてみてください。


②職人のマッチングサイトを利用する

職人のマッチングサイトを利用する

一人親方が求人情報を探すときは、職人のマッチングサイトを利用する方法もあります。職人のマッチングサイトとはどのようなものか、具体的な内容を見ていきましょう。

職人のマッチングサイトの仕組み

職人のマッチングサイトとは、仕事の発注側と受注側がそれぞれ情報を登録し、お互いの条件をマッチングさせて契約するシステムのことです。マッチングサイトに登録した職人は、発注者がアップした仕事内容や予算を確認したうえで応募できます。

一人親方は仕事がないときは困るでしょうが、人手不足に悩む企業もあります。こうした建設業の発注者と受注者のニーズを結びつけるのが、職人のマッチングサイトです。

主な職人のマッチングサイト

職人のマッチングサイトには、それぞれに特徴があります。主なサイトを挙げますので、自分に合いそうなサイトをチェックしてみてください。

  • 家仲間コム                                

月間ユーザーが約97万人、月間ページ閲覧数が約360万ページとかなりのユーザーを抱えているマッチングサイトです。元請け企業から個人まで幅広い層が利用しており、高い集客効果が見込めます

工事の発注先を探しているユーザーが時期を問わず集まっているため、閑散期だけ利用するなどの使い方も可能です。

  • 請負市場                                

企業登録者数は約27,000社、掲載案件数が約10,000件以上とされる大手マッチングサイトです。企業登録数が多いので仕事の内容も幅広く、単価の高い案件や自分の住んでいるエリア外のニーズも検索できます

  • CraftBank                                

企業登録数は約24,000社で、紹介のマッチング率が88%と謳われているサイトです。2,000項目に及ぶ会社情報から紹介可能とされています。企業との面談時には、カスタマーサポートに同席してもらえるのが特徴です

  • 助太刀                                 

ユーザーが16万事業者を超えるとされる大型マッチングサイトです。仕事のマッチングだけでなく、工具の修理・購入・レンタルなども請け負っており、利便性を高めています

職人のマッチングサイトのメリット

マッチングサイトは企業と職人を直接つなぐため、利益率が高いのがメリットです

建設業では多重請負の仕事もあり、労力に見合わない報酬となる場合があります。一方、職人のマッチングサイトを利用すれば、施主との距離が近いため、報酬アップが期待できるかもしれません。

また、スマホで手軽に利用できるアプリ対応のサービスもあり、すきま時間で求人ニーズを探せます。自分で新規開拓の営業活動をおこなうより、仕事が成約するまでの時間を短縮できるのも魅力です。

職人のマッチングサイトのデメリット

マッチングサイトは人気の案件だと応募者が集中し、受注できないこともあります。登録している人であれば、誰でも応募できるためです。

応募者が多数の場合は、発注者側に選ぶ権利があるため、応募したからといって必ず仕事につながるわけではありません。

加えて、発注者からの評価が低くなると、仕事を受けにくくなったり、買い叩かれたりする可能性もあるのがデメリットです。利用するサイトによっては成約時に手数料を取られることもあるので、事前に確認しておきましょう。

 

即日発行で月額500円!
保険に悩んでいる人は業界最大手の保険がおすすめ

一人親方ら個人事業主にとって、保険にまつわる悩みは頭の痛い問題。

「費用をとにかく安くすませたい」
「明日の現場で証明書が必要で、間に合わせたい」
「信頼と実績のある保険を無難に選びたい」

そんな保険にまつわる悩みを解決するのが、全国9万人が加入する一人親方労災保険組合の労災保険です。

まずは資料を見て、業界一の安さや即日発行などのメリットを確かめてみてください。


一人親方が仕事がないときは積極的に動くのが吉

一人親方が仕事がないときは、新しい取引先を開拓するチャンスです。初めての求職活動で戸惑う人も、インターネットで募集案件を検索したり、マッチングサイトに登録したりすれば、手軽に仕事探しを始められます。

インターネットを利用する以外には、異業種交流会に参加する、知人から紹介してもらうなど、地道な営業活動も欠かせません。仕事がないからといって不安にならず、さまざまな方法で自分の技能を生かせる場を見つけ、将来へつなげていきましょう

 

即日発行で月額500円!
保険に悩んでいる人は業界最大手の保険がおすすめ

一人親方ら個人事業主にとって、保険にまつわる悩みは頭の痛い問題。

「費用をとにかく安くすませたい」
「明日の現場で証明書が必要で、間に合わせたい」
「信頼と実績のある保険を無難に選びたい」

そんな保険にまつわる悩みを解決するのが、全国9万人が加入する一人親方労災保険組合の労災保険です。

まずは資料を見て、業界一の安さや即日発行などのメリットを確かめてみてください。


監修者からメッセージ

一人親方労災保険組合 理事 古口仁

一人親方労災保険組合顧問覺正 寛治かくしょう かんじ

一人親方に安心安全を提供したい

静岡大学法経学科を修業後、1977年4月に労働省(現厚生労働省)入省。2002年に同省大臣官房地方課課長補佐(人事担当)、2004年に同省労働金庫業務室長を歴任し、2007年に同省鹿児島労働局長。退官後、公益財団法人国際人材育成機構の常務理事、中央労働金庫の審議役を経て、2017年4月に現職。

厚生労働省では「地下鉄サリン事件」「阪神淡路大震災」「単身赴任者の通勤災害」の労災認定や「過労死認定基準」の策定などを担当し、労災保険制度に明るい。一人親方労災保険組合顧問としては、一人親方が安心安全に働けるよう、これまで培った労災関係業務や安全衛生業務の経験を生かして労災保険特別加入制度の普及や災害防止活動に取り組んでいる。

一人親方労災保険組合の労災保険特別加入手続き対象地域

北海道北海道、青森
東北宮城、岩手、秋田、山形、福島
関東東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、静岡、山梨
中部長野、新潟、富山、岐阜、愛知
北陸石川、福井
関西大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀、三重、鳥取、岡山
中国広島、山口、島根
四国愛媛、徳島、香川、高知
九州福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島
沖縄沖縄